赤ちゃんからはじめる和食育☆離乳食インストラクター中田馨の“和の離乳食レシピ”blog

離乳食は、離乳食初期、離乳食中期、離乳食後期、離乳食完了期の4つの時期に分かれています。「離乳食はいつから?」「離乳食の進め方のルールは?」「離乳食を時短で作るには?」。カンタンだけど美味しく赤ちゃんが喜ぶ離乳食を保育士歴20年以上の離乳食インストラクター中田馨がお伝えします。離乳食インストラクター協会®と離乳食インストラクター協会ロゴマーク®は商標登録です

【育児コラム】「慣らし保育」短縮で赤ちゃんが発熱 慣れたと思っても油断しない@AERA dot.

「慣らし保育」短縮で赤ちゃんが発熱 慣れたと思っても油断しない@@AERA dot.



こんにちは。中田馨です。

保育士の立場で毎週1回書かせていただいている、朝日新聞出版社 AERA dot.のコラム。
今回のテーマは【慣らし保育】


4月は、育休から職場復帰するお母さんも多いでしょう。
きっとこの記事を見る方は、慣らし保育を保育所に依頼する側のママ。
私は、慣らし保育を実施する側。

立場が違うので、きっと思いも違うと思いますが。
どうして慣らし保育が必要なのか?を
保育士目線で書かせていただきました。



 記事はコチラからご覧ください! 




私は幼少期から今も。
水泳をずっとしています。
本格的な選手だった!
ってわけではないのですが。
中高と水泳部に所属し、
私のペースでずーっと水泳をしています。


そんな私にとって
この並びは、奇跡。
IMG_4370
AERAdotのコラムニストの紹介欄で
水泳の全日本ヘッドコーチ 平井コーチと並んでるううう!!
水泳の神と並んでる!


これは一生の宝物です。




離乳食インストラクター中田馨は、
朝日新聞出版社 AERA dot.
朝日新聞出版社 AERA with  Baby(雑誌)
小学館 Hagkum
ベビーカレンダーニュース
主婦の友社 Baby-mo(雑誌)
他、企業さんからのご依頼を受けて、離乳食や育児に関するコラムを連載しています。


執筆のご依頼は、以下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。




【育児コラム】ママ友の良いところ、ママ友とうまく付き合うためにしないほうがいいこと@ベビーカレンダーニュース

ママ友の良いところ、ママ友とうまく付き合うためにしないほうがいいこと@ベビーカレンダーニュース


こんにちは。中田馨です。
保育士と離乳食インストラクターの立場で毎週2回書かせていただいている、ベビーカレンダーのコラム。
今回のテーマは【ママ友】と【生活習慣のしつけ】


1つ目のコラム。
ママ友を。私は必要ないと思って長く子育てをしていました。
こんな私から見た『ママ友』についてのコラムです。



2つ目のコラム。
生活習慣のしつけ。
なかなかうまくいかずに悩んでいるママは多いものです。
保育現場で実際にいこなっている声掛けなども紹介しています。



 記事はコチラからご覧ください! 


 記事はコチラからご覧ください! 
 




離乳食インストラクター中田馨は、
朝日新聞出版社 AERA dot.
朝日新聞出版社 AERA with  Baby(雑誌)
小学館 Hagkum
ベビーカレンダーニュース
主婦の友社 Baby-mo(雑誌)
他、企業さんからのご依頼を受けて、離乳食や育児に関するコラムを連載しています。


執筆のご依頼は、以下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【育児コラム】離乳食で赤ちゃんが口を開けない!考えられる理由は?時期別の対処法やママのお悩みにお答え!@小学館 Hagukum

離乳食で赤ちゃんが口を開けない!考えられる理由は?時期別の対処法やママのお悩みにお答え!@小学館 Hagukum


こんにちは。中田馨です。
離乳食インストラクターの立場で毎週1回書かせていただいている、小学館 Hagukumのコラム。
今回のテーマは【赤ちゃんが口を開けてくれない!】



前回のよく食べてくれる赤ちゃんのことも心配ですが。
赤ちゃんが口を開けてくれず食べてくれないのも心配なものです。



赤ちゃんが口を開けてくれないのにはいくつか理由があります。
理由があるということは、対処方法もあるということ。



一旦力を抜いて
コチラの記事を参考にしてみてくださいね


 記事はコチラからご覧ください! 




離乳食インストラクター中田馨は、
朝日新聞出版社 AERA dot.
朝日新聞出版社 AERA with  Baby(雑誌)
小学館 Hagkum
ベビーカレンダーニュース
主婦の友社 Baby-mo(雑誌)
他、企業さんからのご依頼を受けて、離乳食や育児に関するコラムを連載しています。


執筆のご依頼は、以下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【離乳食コラム】10カ月の赤ちゃんにリンゴを与えるときは、どうすればいい?

おはようございます。
離乳食インストラクターの中田馨です。



もうずいぶん前の話になるのですが。
離乳食講座に来られた受講生さんがこんな質問をしました。



うちの子、あまりカミカミできないんです。
りんごのかたまりを噛めずに吐き出します




とのこと。


何カ月?と聞くと
10カ月とのこと。



わあ。それは噛まないですよ!
10カ月というと
奥歯はまだ生えていない子が多い。
ってことは、歯茎で噛んでいるということ。
りんごのかたまりを食べるのはまだまだなかなか辛いですよね。
しかも、咀嚼力はまだまだ弱い。
目安の食べ物の軟らかさは
バナナくらい!



お母さんの言っているりんごのかたまりって
DSCN9808

こんな感じでした。


10カ月の赤ちゃんだったら厳しいということが分かります。
離乳食の基礎をあらかじめ知っていれば
このような悩みが悩みにならなかったかもしれませんね。



10カ月の赤ちゃんにリンゴを与えるときは、
・すりおろす
・かたまりを蒸して食べさせる


と、食べやすいですよ!




離乳食の基本知識と基本調理を学ぶなら
離乳食インストラクター協会2級講座です。
東京・兵庫・通信講座で開催中
☆会場で受けたい方 ≫ここをクリック
☆通信で受けたい方 ≫ここをクリック(2020年3月募集)






【育児コラム】赤ちゃんがスプーンとフォークを楽器に! 食事のマナーどう教える?@AERA dot.

赤ちゃんがスプーンとフォークを楽器に! 食事のマナーどう教える?



こんにちは。中田馨です。

保育士の立場で毎週1回書かせていただいている、朝日新聞出版社 AERA dot.のコラム。
今回のテーマは【食事のマナー】



離乳食期に食事のマナーは必要かどうか?
チョット悩むところかもしれませんね。



立ち歩いたり
食べ物をグチャグチャしたり
投げたり
叩いたり


あああ。ストレス!!
いくら赤ちゃんだからと言ってこれは許されるモノなの?



よくある、離乳食期のマナーで気になることへの原因と対処方法を話しています。


 記事はコチラからご覧ください! 
 





離乳食インストラクター中田馨は、
朝日新聞出版社 AERA dot.
朝日新聞出版社 AERA with  Baby(雑誌)
小学館 Hagkum
ベビーカレンダーニュース
主婦の友社 Baby-mo(雑誌)
他、企業さんからのご依頼を受けて、離乳食や育児に関するコラムを連載しています。


執筆のご依頼は、以下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。





【離乳食コラム】今日は、2つのメニューを比べてみようと思います

おはようございます!
離乳食インストラクターの中田馨です。
離乳食ではなく幼児食なのですが。



今日は、2つのメニューを比べてみようと思います。



先日の保育所のメニュー
1つめ




にんじんのナムル
DSCN9804







にんじんと白菜の味噌汁
DSCN9807

この2つのメニュー。
同じにんじんが入っているのですが。
明らかに食べっぷりが悪かったのが



にんじんのナムル
DSCN9804

でした。
食べて嫌がったのではなく、見た目でボイコットする子が多かったです。



平均的に見て見ると、
緑のお野菜が入っているおひたし系が苦手な子が多いです。



同じにんじんが入っているけれど
コチラのにんじんと白菜の味噌汁
DSCN9807
まず「にんじん💛にんじん💛」
とわざわざにんじんを寄り分けて先に食べる子もいたりして。

同じにんじんなのに調理方法、見た目によって反応が違うものだなと、興味深く観察しました。
食べる調理法のメニューも
食べない調理法のメニューも
まんべんなく出し続けることで
「食べてみようかな?」という気持ちが芽生えることがありますので。
諦めず、チャレンジしてみましょうね!






にんじんのナムルの作りかた
DSCN9804

にんじん 20g 小松菜  5g ごま油少々 塩少々 すりごま1g
・にんじん3㎝千切り ・小松菜2㎝幅 

1.鍋(A)に水100ml、にんじんを入れ沸かし、ふたをして弱火で6分→小松菜を加えて3分湯がき湯切り。
2.ボウルに1、ごま油、塩、すりごまを入れ和える





にんじんと白菜の味噌汁のつくり方
DSCN9807

かつお昆布だし300g 豆腐20g にんじん20g 白菜20g

・豆腐 2㎝角切り

・にんじん、白菜 3㎝千切り

1.鍋にかつお昆布だし、にんじん、白菜茎を入れ沸かしふたをして6分⇒豆腐、白菜葉を入れて4分煮る。味噌少しで風味づけ





離乳食の基本を4時間で学ぶ講座
離乳食インストラクター協会2級講座 ≫詳細



【育児コラム】「離乳食を食べてくれない」「手づかみ食べでグチャグチャ」 悩みに月齢別アドバイス@AERA dot.

「離乳食を食べてくれない」「手づかみ食べでグチャグチャ」 悩みに月齢別アドバイス@AERA dot.


こんにちは。中田馨です。
保育士の立場で毎週1回書かせていただいている、朝日新聞出版社 AERA dot.のコラム。
今回のテーマは【手づかみ食べ】



離乳食を食べてくれない。
というテーマで。実はね。このテーマ最近よくご依頼受けるんです。

食べることって【生きること】につながるので。
食べないと「この子は成長するのだろうか?」
と親としては本当に心配になります。

私も何度も言っていますが。
息子が食べてくれない子だったので。
心配でたまりませんでした。


そんな親の心子知らず。
子どもは食べてくれません。


さあ、親はどう対応すればいいのか??
保育士ならではのコツをお話ししています。



 記事はコチラからご覧ください! 




離乳食インストラクター中田馨は、
朝日新聞出版社 AERA dot.
朝日新聞出版社 AERA with  Baby(雑誌)
小学館 Hagkum
ベビーカレンダーニュース
主婦の友社 Baby-mo(雑誌)
他、企業さんからのご依頼を受けて、離乳食や育児に関するコラムを連載しています。


執筆のご依頼は、以下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。


 

【食育コラム】チーズじゃがいもに見る 子どもの食べない



こんにちは。
離乳食インストラクターの中田馨です。



私の運営する保育所に、じゃがいもが苦手な子が2人います。
こふき芋にしても
2017年11月16日 (1)


おにまんじゅうにしても
2018年1月5日 (1)






汁物に入れても
2018年9月12日 (11)
上手によけて食べないんですね。
ほんと上手に丁寧によけます(笑)器用!!





でも、だからと言って保育所ではじゃがいもは登場するわけです。
で、今回、そのじゃがいもが苦手な子が食べたレシピがありました。
それがコチラ。
504D455C-3597-462E-A2AA-7E8EAE1BADCB
チーズじゃがいも



コチラが
食べてくれない2人が食べてくれたレシピ。


1人は半分
もう1人は全部食べてくれましたよ!


レシピはコチラ





調理の仕方で
子どもは食べてくれることがあります。
小さく刻んで隠すことももちろん一つの方法ですが
今回は、じゃがいもが95%のレシピ!
それでも調理をほんの少し工夫しただけで食べてくれることがあるんですよね。

子どもに、改めて勉強させてもらいました!




離乳食の基本知識と基本調理を学ぶなら
離乳食インストラクター協会2級講座です。
東京・兵庫・通信講座で開催中
☆会場で受けたい方 ≫ここをクリック
☆通信で受けたい方 ≫ここをクリック(2020年2月募集)







【育児コラム】おじいちゃんおばあちゃんに育児サポートをしてもらうときに心がけること@ベビーカレンダーニュース

おじいちゃんおばあちゃんに育児サポートをしてもらうときに心がけること@ベビーカレンダーニュース


こんにちは。中田馨です。
保育士と離乳食インストラクターの立場で毎週2回書かせていただいている、ベビーカレンダーのコラム。
今回のテーマは【おじいちゃんとおばあちゃん】と【イヤイヤ期】


1つ目のコラム。
おじいちゃんとおばあちゃんとともに、育児をしていく場合。
それぞれが気を遣わなくても済むように、あらかじめルールを作っている方が良さそうです。

それぞれが【良かれ】と思ってしていることが、逆な気持ちに取られると悲しいですもんね。



2つ目のコラム。
イヤイヤ期。私の保育所では、常に、イヤイヤ期の子どもたちがいます。
今は3歳と2歳5名がいるので。5人とも多かれ少なかれ「イヤイヤ」言います。
そりゃそうですよね。個性をもって生きているんだから!


でもこの「イヤイヤ」
受け取る大人の心の余裕がなければ、とってもしんどいんです!!
心に余裕をもって、イヤイヤ対応したいものです。
実は、声掛けひとつで状況が変わることもあります
試してみてください!!



 記事はコチラからご覧ください! 


 記事はコチラからご覧ください! 


離乳食インストラクター中田馨は、
朝日新聞出版社 AERA dot.
朝日新聞出版社 AERA with  Baby(雑誌)
小学館 Hagkum
ベビーカレンダーニュース
主婦の友社 Baby-mo(雑誌)
他、企業さんからのご依頼を受けて、離乳食や育児に関するコラムを連載しています。


執筆のご依頼は、以下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【育児コラム】離乳食をよく食べる赤ちゃん。量はどのくらい食べさせていい?食べすぎ防止策や卒乳のタイミングをお答え!@小学館 Hagukum

離乳食をよく食べる赤ちゃん。量はどのくらい食べさせていい?食べすぎ防止策や卒乳のタイミングをお答え!@小学館 Hagukum


こんにちは。中田馨です。
離乳食インストラクターの立場で毎週1回書かせていただいている、小学館 Hagukumのコラム。
今回のテーマは【よく食べる赤ちゃん】



そうそう。我が家の娘も良く食べる子でした。
1歳くらいの時には、胃袋はブラックホールで。
うどんを1玉余裕で食べていました。
身体もぷくぷく
ほっぺもぷくぷく
「この子、肥満にならないかしら?」
と心配したものでしたが。


心配なんのその。
3歳ごろからすーっと痩せ始め。
今では、ちょうど平均的な体系。


食べない赤ちゃんも心配ですが
よく食べる赤ちゃんも心配は尽きません


 記事はコチラからご覧ください! 




離乳食インストラクター中田馨は、
朝日新聞出版社 AERA dot.
朝日新聞出版社 AERA with  Baby(雑誌)
小学館 Hagkum
ベビーカレンダーニュース
主婦の友社 Baby-mo(雑誌)
他、企業さんからのご依頼を受けて、離乳食や育児に関するコラムを連載しています。


執筆のご依頼は、以下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。
中田馨の著書 『いっぺんに作る 赤ちゃんと大人のごはん』好評発売中!
podhaishin
離乳食インストラクタ協会HP
podhaishin
お仕事のご依頼はコチラから
podhaishin
離乳食インストラクター協会1・2級講座日程
毎回満員御礼!! podhaishin
ポッドキャスト配信スタート
podhaishin
ライン@
インスタグラム
フェイスブック
知りたいキーワードで検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中田 馨

スポンサードリンク