離乳食インストラクター中田馨の“和の離乳食レシピ”blog

離乳食・幼児食レシピ2500突破‼︎一般社団法人離乳食インストラクター協会代表理事で中田家庭保育所施設長の中田馨が教える“和の離乳食”レシピブログ。かつおと昆布から作る“和の離乳食”は、五感を刺激し子どもの舌を育て、心と身体を幸せにします。カンタンで美味しい離乳食・幼児食レシピをお届けします!
離乳食インストラクター協会®と離乳食インストラクター協会ロゴマーク®は商標登録です

五大栄養素とは

『栄養』。何度もこの言葉を耳にした事がありますよね生きて行くのにすごく大切な感じがするこの『栄養』と言う言葉ですが『栄養』って、そもそもどう言う意味なのでしょうか?

『栄養』とは、生物が、必要な物質を外界から摂取して、それを利用して身体を成長させたり、健康を維持・増進したり、体を構成する事です。

栄養がないと私達生物は生きてゆけないのですね。これは人間だけの話ではありません。
さて、ここでは人間の『栄養』のお話です。私たち人間は、イロイロな自然の恵みから『栄養』をもらっています。

その『栄養』はいくつかに分類されます。


炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル


その中で、赤ちゃんに必要な栄養素は(#^.^#)


炭水化物(エネルギー源)

…力や熱(エネルギー)になります。身体を動かし、脳のエネルギー源になるので人間が生きて いくには欠かせない栄養素です。
ご飯(おかゆ)、麺類、パン、いも類などに含まれます。
 一例
 素材 白ご飯素材 うどん素材 いも
 素材 バナナ


ビタミン・ミネラル

…体のリズムを整え、免疫を強化させます。
緑黄食野菜や海藻、果物に多く含まれます。
 一例
 素材 かぼちゃ素材 にんじん素材 にら
 素材 ブロッコリー素材 なすび素材 トマト
 素材 わかめ素材 デラウエア


タンパク質

…骨や筋肉や血液のもとになり、エネルギーになります。
主に魚介類、肉類、卵、大豆製品に含
まれます。
 一例
 素材 絹こし豆腐素材 生卵素材 鯛のあら2
 素材 アジ素材 いか素材 鶏ムネ肉
 素材 牛肉素材 豚バラ


これらを、バランス良くいただくのが理想ですね。



離乳食中期 鯛とうどん【離乳食レシピ66日目2回目】

娘、あ~やの離乳食日記

離乳食レシピ66日目2回目
(7か月・中期)
中期から味付けをするように書かれている離乳食本が多いですが、
私は、味付けはまだしません。
味付けはしないけど、しっかりとダシをとっていただきます。


回目
5月1日2回目
鯛とうどん
うどん、鯛、にんじん、大根、水溶き片栗粉適量


鯛とうどんの作り方
1.かつお昆布だしににんじん・大根を入れて煮ます。
2.沸騰
したら鯛を入れ、しっかり湯がきます。
3.うどん・にんじ
ん・大根・鯛をみじん切りして、だしと一緒にもう一度煮ます。
4.片栗粉
でとろみをつけます。


初うどんです。うまいらしく、よく食べました
最近、テーブルのものに手を伸ばすのが流行りです。
短い手を、一生懸命に伸ばしています
これが意外に届くんだな~



 2009年5月1日

離乳食中期 鮭とポテト【離乳食レシピ66日目1回目】

娘、あ~やの離乳食日記

離乳食レシピ66日目1回目
(7か月・中期)
中期から味付けをするように書かれている離乳食本が多いですが、
私は、味付けはまだしません。
味付けはしないけど、しっかりとダシをとっていただきます。


回目

7倍かゆ 
鮭とポテト

  生鮭、じゃがいも、なすび


鮭とポテトの作り方
1.かつお昆布だしにじゃがいもを入れて煮ます。
2.沸騰したら鮭なすびを入れてクタクタに煮ます。
3.材料をすべてみじん切りします。


今日からだしが『かつお昆布だし』になりました
鮭も初挑戦です
相変わらず、朝は食べるのがトロトロ・・・
今日は用意した1/3残しました。
*写真を撮り忘れました

2009年5月1日

離乳食・各時期調理法【基本調理法】

離乳食は、各月齢によって調理方法が異なります。調理方法は、その月齢の赤ちゃんの身体能力によって変わります。こちらもしっかりと頭に入れておいてくださいね
このページはゴックン・モグモグ期です。


離乳食の基本の調理方法

ゴックン期の調理方法
適した調理方法…湯がく、蒸す
食材の形状・・・裏ごし、すりつぶし

1.水(お湯)又はだしでクタクタに軟らかくなるまで湯がく(蒸す)。
2.裏ごし又はすりつぶし、お湯または、だしでトロトロにする。


モグモグ期の調理方法
適した調理方法・・・湯がく、蒸す
食材の形状・・・ みじん切り、すりつぶし

1.みじん切りする。
2.水(お湯)又はだしでクタクタに軟らかくなるまで湯がく(又は蒸す)。
3.飲み込みにくいようなら片栗粉でとろみを付ける。

*モグモグ期以降、片栗粉でとろみをつけると、食べにくい食品も食べさせやすくなります。


片栗粉でとろみをつける方法
1.片栗粉と水を1:1の割合で合わせておく。(10分以上)
2.料理が出来上がる寸前、1を入れ、火にかけたまま、とろみがつくまで混ぜ続ける。



離乳食の基本の調理方法

カミカミ期の調理方法
適した調理方法…湯がく、蒸す、焼く
食材の形状・・・5mm角

1.5mm角に切る。
2.水(お湯)又はだしでに軟らかくなるまで湯がく(又は蒸す、焼く)。
3.飲み込みにくいようなら片栗粉でとろみを付ける。


パクパク期の調理方法
適した調理方法…湯がく、蒸す、焼く、炒める
食材の形状・・・1cm角

1.1cm角に切る。
2.水(お湯)又はだしでに軟らかくなるまで湯がく。
(又は蒸す、焼く、炒める)

*油をたくさん使う料理は避ける(例:揚げ物)


幼児期(前・後半)の調理方法
適した調理方法…湯がく、蒸す、焼く、炒める
食材の形状・・・1cm角

1.一口サイズに切る。
2.水(お湯)又はだしで軟らかくなるまで湯がく。
(又は蒸す、焼く、炒める)

*油をたくさん使う料理は極力避ける(例:揚げ物)

離乳食・調理器具の扱い方【離乳食・基本調理法】

清潔な調理器具を使いましょう
離乳食を作る前に、大人が気をつけてあげる事の一つに、‘食中毒にさせない’と言う事がありますね。赤ちゃんは、大人よりも細菌に弱いのです。



離乳食を作る前に、お湯をかける。


それでOkです簡単でしょ離乳食を作る前と、作った後にしたら完ぺきですね。消毒用の薬品を使う・・・と言うのも1つですが、しっかりと洗い流す事を約束してくださいね

免疫力や消化のはたらきがまだ弱いので、大人よりも食中毒にかかりやすいです。そしてもし食中毒にかかると重症化しやすいのも現実です。
調理器具には、目に煮えない細菌やウィルスがたくさん・・・と言う事も現実ですですので、離乳食を調理する前の包丁、まな板、お皿、その他調理器具は滅菌した清潔なものを使ってください。


滅菌の方法

① 調理器具をきれいに洗う。包丁は柄の部分もきれいに洗いましょう。
P1010005

② 調理器具に熱湯をざああああっとかける。後はしっかりと乾かす。
P1010006


細菌やウィルスは熱に弱いものが多いと言われています。その多くが85度以上の中で1分間加熱すると死んでしまうそうです。ですので、調理器具だけでなく食材を調理・加熱する時も、

「85度以上で1分間」

と思って加熱してください。
まな板や包丁、食器類を1分間過熱し続けることは難しいかもしれませんが、上記のように熱湯をかけるだけでも全然違います。ある程度大きくなってきたら、その作業はしなくてもいいですが、初期(特にゴックン期)はしてあげてくださいね(#^^#) そうすることで、赤ちゃんを食中毒の危険から守る事が出来ますよ

また、普段、魚や肉を切った後のまな板や包丁もよく洗った後にこれをするといいですよ。

初日から1か月の離乳食の進め方

離乳食初日に食べる量ってどれくらいなのか??
気になりませんか??
気になりますよね。

離乳食の初日は【10倍つぶしかゆ・ひとさじ】が基本です。このひとさじは【小さじ1】と考えてOkです。
いくら赤ちゃんが食べたがっても、ひとさじでおしまいにしてください。
初日からめいいっぱいの量を与えないでくださいね。

ひとさじというと、とっても少ないですね。
でもね、母乳やミルク以外のものを食べるのは初めての事ですし、内臓の未熟な赤ちゃんの負担にならないように、少しずつ少しずつ量を増やしていくのが、離乳食のルールです。

たとえ、「もっと欲しい!!」と要求されても、初日は小さじ1杯までにしてください。より、ゆっくりを心がけるのであれば【おもゆ】をティースプーン1さじから始めてもOKです。
離乳食の後は、母乳とミルクです。いつも通りの量を与えてください。


何故、まずはおかゆなのか??というと、アレルギーを起こしにくい食べ物だからだと言われています。おかゆは「10倍つぶしかゆ」を与えます。10倍つぶしかゆは、


お米1に対してお水10

の配合で炊いて、裏ごし器ですり潰したものが「10倍つぶしかゆ」です。

でき上がったおかゆは、大人が食べるおかゆよりも粒粒のないトロトロのおかゆなのです。


以下の表は、離乳食初日から1か月までの目安の進め方です。
初日の量や順調に進めば、ビタミンミネラル・タンパク質はいつ頃が目安かな??ってことを参考にしてみてくださいね。

早すぎるのはお勧めできませんが、多少ゆっくりでも大丈夫ですよ(#^.^#)!

ちなみに、初期60日目ごろの目安量
・炭水化物(おかゆ)3040
・ビタミンミネラル1520
・タンパク質 豆腐25g、魚510
この目安量に向けて、お子さんの体調や食べ具合をみながら徐々に量を増やしていきます。


初日から1か月の離乳食の進め方(目安量)

●初日から1か月の離乳食量(目安)

 

炭水化物

10倍かゆすりつぶし)

ビタミンミネラル

(例・かぼちゃ)

タンパク質

(豆腐)

 

 

 

 

 

 

*赤ちゃんの体調や食べ具合をみながら徐々に量を増やしていく。

 

 

 

 

 

*離乳食開始から2か月後までの最終的な目安量

 

 

 

 

・おかゆ

 30~40g

・かぼちゃ

 15~20g
豆腐 25g

 

 

 

1日目

小さじ12~1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タンパク質はアレルギーを引き起こす場合があるので、ゆっくり始めます。

始めは豆腐から。

豆腐を食べ2週間ほどして何もなければ白身魚にチャレンジです

2日目

小さじ12~1

3日目

小さじ1

4日目

小さじ1

5日目

小さじ2

6日目

小さじ2

7日目

小さじ2

8日目

小さじ3(大さじ1

小さじ1

9日目

大さじ1

小さじ1

10日目

大さじ1

小さじ1

11日目

大さじ1

小さじ1

12日目

大さじ1

小さじ1

13日目

大さじ1

小さじ1

14日目

大さじ1

小さじ1

15日目

大さじ1~2

小さじ1~2

16日目

大さじ1~2

小さじ1~2

17日目

大さじ1~2

小さじ1~2

19日目

大さじ1~2

小さじ1~2

20日目

大さじ1~2

小さじ1~2

21日目

大さじ1~2

小さじ1~2

22日目

大さじ1~2

小さじ1~3

23日目

大さじ1~2

小さじ1~3

24日目

大さじ1~2

小さじ1~3

25日目

大さじ1~2

小さじ1~3

26日目

大さじ1~2

小さじ1~3

27日目

大さじ1~2

小さじ1~3

28日目

大さじ1~2

小さじ1~3

29日目

大さじ1~2

小さじ1~3

30日目

大さじ1~2

小さじ1~3

31日目

大さじ1~2

小さじ1~3

32日目

大さじ2~3

小さじ2~4

小さじ12~1

32日目

大さじ2~3

小さじ2~4

小さじ12~1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

離乳食 初期【ゴックン期・5~6カ月】とは?

離乳食 初期(ゴックン期・5カ月~6カ月)とはどんな時期


離乳食の本を開くと “初期” や ‘ゴックン期’ と言う言葉が出てきます。
これは、離乳食の時期の事です。
‘初期(ゴックン期)’ は、離乳食を与える一番初めの時期の事を言います。


離乳食初期とは、生後5ヶ月~6ヶ月のことです。
この頃の離乳食は、栄養の事を考える…というより‘食べる事に慣れる’と言う方が大切。


・食べ物の食感に慣れる
・ゴックンする事に慣れる
・スプーンの感触に慣れる


赤ちゃんにとっては初めての事ですので、イロイロと初めての事に慣れなくてはいけないのです。
ですので、決められた量の離乳食を食べた後は、いつも通りの母乳やミルクを飲むのです。


離乳食 初期の離乳食
量は必ずしもこの量と言うわけではありません。
一つの目安と思ってください。


【離乳食
 
1日1回 *1か月過ぎ順調なら1日2回に移行
【授乳 
1日6~8回
(ミルクは1日5~6回・1回分200~220㏄、離乳食の後も量を減らさずに与えます)
【母乳(ミルク)と離乳食の比率 
5ヶ月)9:1 (6ヶ月)8:2
【おやつ 
なし
【離乳食1回分の目安量
炭水化物(おかゆなら)…30~40g
・ビタミン・ミネラル(にんじんなら)…15~20g
・タンパク質(豆腐なら)…25g、(魚なら)…5g
【食べ物の固さ 
トロトロのヨーグルト、ポタージュ状
【口の動かし方】 
食べ物の嚥下反射を獲得する。
口の中に入ってきた食べ物を奥に送り込める。
上アゴと舌を前後に動かして、食べ物をすり潰しゴックンする



上記を見たらわかるように、この時期の栄養は、ほとんど母乳(ミルク)です。

ほとんどのお子さんは、まだ歯が生えていませんので、
流動食のようなドロドロに調理されたものを食べます。


また、スプーンを口の前に持っていたとしても、
口をあけない子がほとんどです。
そりゃそうですよね。スプーンの存在なんて知らないですもん。

「なんだこれ?」

ですよね。スプーンを知らない赤ちゃんにスプーンの存在を教えましょう。
まずは、下唇をスプーンの先で ‘ツンツン’ と触ってあげるのです。
そうすることで、赤ちゃんは口を開けてくれます。


口を開けたはいいけど…。
スプーンに乗った離乳食を上手には食べてはくれません。
口に入ったものは、何度も外に出てくるでしょう。
その繰り返しで上手に食べられるようになるのです。

上手にゴックンできずに口から離乳食が出てくることなんて当たり前!!
何度も何度も繰り返ししてください

スプーンを口に入れる時のコツは、上あごに離乳食をひっ付ける事

また、ほとんどのお子さんがまだお座りが不安定だと思います。
ですので、膝に抱っこしながら食べさせましょう。

初めての離乳食。
お母さんも初めてでドキドキですが、
赤ちゃんも初めてでドキドキしている事をお忘れなく(*^_^*)

離乳食中期 鯛とトマトのスープ【離乳食レシピ65日目2回目】

娘、あ~やの離乳食日記

離乳食レシピ65日目2回目
(7か月・中期)
中期から味付けをするように書かれている離乳食本が多いですが、
私は、味付けはまだしません。
味付けはしないけど、しっかりとダシをとっていただきます。


回目
4月30日2回目
7倍かゆ
 
鯛とトマトのスープ
鯛、トマト、玉ねぎ
湯豆腐


鯛とトマトのスープの作り方
1.トマトは湯むきし、皮・種を取り除きます。
2.沸騰しただしに鯛を入れ、しっかり湯がきます。
3.玉ねぎと鯛をみじん切りして、トマトと少量のだしと一緒に煮ます。
4.水溶き片栗粉でとろみをつけます。


お座りがしっかりしてきて、椅子に座って食事ができるようになってきましたチョキ
みんなと一緒に食卓で食べるときは、あ~やもみんなも幸せですねキスマーク


 2009年4月30日

離乳食の各時期の事

離乳食には、食べる時期というものがあります。このサイトでもよく出てくる時期の名前が4時期あります。

ゴックン期
モグモグ期
カミカミ期
パクパク期

と続き、

幼児期前半
幼児期後半

と繋がっていきます。それぞれの時期の説明をしましょう。

ゴックン期
 5ヶ月~6ヶ月の頃を言います。離乳食の初期と言う良い方もします。
 離乳食の練習の時期です。食べるというよりなれる事に重点を置きましょう。
 赤ちゃんにとって初めての、離乳食(食べ物)の食感やスプーンの食感にまず
 慣れます。
 栄養は母乳や粉ミルクで摂りますので食べなくても心配する必要なし

モグモグ期
 7ヶ月~8ヶ月の頃を言います。
 モグモグ期も引き続き離乳食の練習の時期です。
 イロイロな食べ物に慣れる事に重点を置きましょう。
 栄養は母乳や粉ミルクで摂りますので食べなくても心配する必要なし

カミカミ期
 9ヶ月~11ヶ月の頃を言います。
 ゴックン期・モグモグ期の4ヶ月で少しずつ慣れてきた離乳食を栄養として身体
 に取り入れられるようになります。
 母乳やミルクの割合が少しずつ減ってきます。

パクパク期
 12ヶ月(1歳)~1歳半の頃を言います。
 完了期と言う言い方をします。離乳の完了の時期です。
 母乳や粉ミルクではなく、食べ物で栄養の大半を摂る事が出来るようになりま
 す。

パクパク期がすんだら、

幼児期前半(1歳半~3歳)
幼児期後半(3歳~6歳)

と赤ちゃんや子どもの食事は、少しずつ段階をあげて進んでいきます。

離乳食中期 ひじきと大豆と野菜の煮物【離乳食レシピ65日目1回目】

娘、あ~やの離乳食日記

離乳食レシピ65日目1回目
(7か月・中期)
中期から味付けをするように書かれている離乳食本が多いですが、
私は、味付けはまだしません。
味付けはしないけど、しっかりとダシをとっていただきます。


回目
4月30日1回目
7倍かゆ
ひじきと大豆と野菜の煮物
ひじき、大豆、にんじん、エリンギ、水溶き片栗粉
リンゴのトロトロ
リンゴ、水溶き片栗粉


ひじきと大豆と野菜の煮物の作り方
1.ひじきは水に戻し、別鍋で煮ます。
2.軟らかくなったら裏
ごしします。
3.大豆(水煮を使いました)は皮をむきます。
4.にんじん、大豆、エリンギはみじん切りに。
5.昆布だしににんじんを入れて煮ます。
6.沸騰したら
大豆、エリンギを入れてクタクタに煮ます。
7.ひじきも合わせて煮ます。
8.片栗粉でとろみをつけます。

リンゴのトロトロの作り方
 
1.リンゴをすりおろします。
2.少量の湯ざましと一緒に軽く
煮て片栗粉でとろみをつけます。


デザート付の朝ご飯です
リッチ~

*2009年のレシピです。現在は、ひじきと大豆は後期からとしています。


 2009年4月30日

離乳食インストラクタ協会HP
podhaishin
お仕事の依頼はコチラ
podhaishin <ライティングの実績>
2015年1月からクックパッド/クックパッドbabyで、月8本以上のニュース記事を連載中
離乳食インストラクター協会1・2級講座日程
毎回満員御礼!! podhaishin
ポッドキャスト配信スタート
podhaishin
フェイスブック
知りたいキーワードで検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
スポンサードリンク