赤ちゃんからはじめる和食育☆離乳食インストラクター中田馨の“和の離乳食レシピ”blog

離乳食は、離乳食初期、離乳食中期、離乳食後期、離乳食完了期の4つの時期に分かれています。「離乳食はいつから?」「離乳食の進め方のルールは?」「離乳食を時短で作るには?」。カンタンだけど美味しく赤ちゃんが喜ぶ離乳食を保育士歴20年以上の離乳食インストラクター中田馨がお伝えします。離乳食インストラクター協会®と離乳食インストラクター協会ロゴマーク®は商標登録です

【離乳食完了期レシピ】鶏とチンゲン菜のうどん 2019年8月7日 中田家庭保育所給食メニュー

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。
今回の中田家庭保育所給食メニューは。。。。
DSCN9127

鶏とチンゲン菜のうどん



材料は、

かつお昆布だし(煮干しだしでもOK!)300ml 
うどん 120g
鶏ささみ 20g 
にんじん 15g 
玉ねぎ 15g 
チンゲン菜 5g 
しめじ 5g 



作り方は、
・鶏ささみ、1㎝
・にんじん 薄い千切り(長さは1cm)

・チンゲン菜、玉ねぎ、しめじ 1cm

・うどん ⇒ 2cmに切る

1.かつお昆布だしでにんじん→玉ねぎ、チンゲン菜、しめじの順に煮る

2.うどんを入れてしょう油、極少々。




うどんは、子どもたちに大人気のメニューのひとつです。
食べ始めると、黙々と食べますねええ。
おだしとささみと野菜の、素材の味がたまらんく美味しいですよ。
大人は、プラスしょう油を加えればOKなので。
多めに作れば、赤ちゃんと一緒のメニューが、大人も食べられますね。
ラクチン!




離乳食の基礎を学んで、離乳食作りが楽しくなる講座です
logo - コピー

赤ちゃんに

  • ◇安心なものを食べさせたい
  • ◇身体によいものを食べさせたい
  • ◇身体にやさしいものを食べさせたい
  • ◇好き嫌いなく育ってほしい

全国の離乳食インストラクターが各地で開催しています。
≫ 和の離乳食パクパクセミナーの日程はコチラです



 

【子どものおやつ】しらすとにんじんのおにぎり

こんにちは。
離乳食インストラクターの中田馨です。


今日から、三連休ですね。
お子さんの運動会があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
わが家も、秋は運動会が3つあるので、なかなかハードな日々がやってきます。


さて、今日のおやつは、
DSCN9141

しらすとにんじんのおにぎり


軟飯 50g 
しらす 10g 
乾燥わかめ(もどす)5g

・しらすは湯がいて塩抜き 
・水で戻したわかめは、細かく切る

1.ご飯を炊くときにわかめとしらすも入れて炊く

2.一口サイズのおにぎりにする




見た目。
わかめの色にビックリした子どもが(2歳児)
『怖い』と言ったのですが。
食べてみると、美味しくて
ほぼ完食してくれました。


見たことのないくらいのわかめの量だったようです。




離乳食だけじゃなく
家族の食事づくりのコツも学べます!
離乳食インストラクター協会2級講座を受けると
●離乳食を悩まず作れるようになる
●時短につながる作り方が分かります
●調理のコツが分かる
●赤ちゃんがよく食べるようになる
●離乳食作りに自信を持てる
●離乳食作りが楽しくなる
●だしを使った和の離乳食が作れるようになる
●少人数制なので講師にすぐ質問できる
●他の参加者さんと育児の交流ができる
●離乳食の専門知識が身につく
≫お申し込みはコチラ

  

赤ちゃんとママひろば「KABO(かぼ)」(*仮)2020年より始動します

こんばんは。中田馨です。
まだまだ、準備段階なのですが。
ずっとずっと構想していた。
ずっとずっとしたかったことを。
少しずつ、本当に少しずつ。
活動開始しようと思っています。

どれくらいしたかったかと言うと。
10年以上前からです。




赤ちゃんとママひろば「KABO(かぼ)」(仮)




名称は、まだ(仮)です。
昔々その昔。
友人と「なかよし」というグループを一瞬作ったのですが。
半年くらいして、
継続することが難しく、自然消滅。。。。。とほほほほ。



今度こそ。
小さく、ゆっくり、私らしく。
赤ちゃんとママが集える場を作ることができればと思っています。



現時点で考えているの講座は9個
保育士として、伝えることができる、赤ちゃんが安心する抱っこの方法や、遊び方。
離乳食インストラクターとして伝えることができる、離乳食の作り方。




これまでは、離乳食インストラクターを育成することに
私の全エネルギーをかけていましたが。
今年は、また、初年度に戻って
赤ちゃんとママとの時間を過ごしたいと思っています。




とりあえず日程が出ているのは、離乳食教室4セミナーです。
兵庫県西宮市で開催するので。
来れない方にはzoomで中継講座ができればいいな。
なんてことも考えていますので。
どうすればより分かりやすい中継講座ができるかを調べてから
また連絡しますね。



ではでは。
また詳細が決まり次第、お知らせします(#^.^#)💛





<調理付き>和の離乳食パクパクセミナー 

2020/02/08 (土)
離乳食初期10時~12時
離乳食後期14時~16時
≫お申し込みはコチラをクリック


2020/01/25 (土)
離乳食中期10時~12時
離乳食完了期14時~16時
≫お申し込みはコチラをクリック



【レポ】「先生。おかゆってお米から炊くと美味しいんですね」

こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。



先日、ママ向けの離乳食教室を開催しました
≫ママ向け離乳食教室「和の離乳食パクパクセミナー」の詳細はコチラをクリック

image3 (6)


そこでね。
ひとりのママさんが言った言葉

「先生。おかゆってお米から炊くと美味しいんですね」



離乳食開始してまだ数日。というママさん。
炊いたご飯からおかゆを作っていたんです。
もちろん、炊いたご飯からのおかゆも美味しいですよ。
でも、なぜだか。
お米から炊く方が、美味しく炊きあがるんです。



そのことに気づいたママさんは
「今日は、お米から炊いてみよう」


他のママさんは
「どんな鍋が良いんですか?」


などなど、
みんなおかゆに興味津々!
赤ちゃんに少しでも美味しい離乳食を食べてもらいたいって気持ちが溢れていました。


もしね。
もし、こだわるんだったら。
土鍋、最高よ
調理器具(行平 )(2)

この土鍋は、私の14歳の息子の離乳食開始時に、母がプレゼントしてくれたんです。
これで、おかゆ炊いてました。
(それでも息子は食べなかったのですが。。。あ、食べない理由は、彼の場合別にあったんですよ)


まだ現役。
おかゆを炊く時に、時々使っています。



ということで、
離乳食教室をすると、
私が少しプッシュすると、
ママたちがどんどん輝いてくださるのが。
本当に嬉しいんです。
やりがいがありますね。


今回も楽しい講座でした。
ありがとうございます(#^.^#)



和の離乳食パクパクセミナー開催のお知らせ
座学と調理が一緒になった講座だから。実践できて身につきます。
和の離乳食パクパクセミナーの受け方を、2種類ご用意しています

☆お家で受講できる通信講座 詳細はコチラをクリック
DVDとテキストで学べる離乳食講座です

☆会場で受講する 詳細はコチラをクリック
全国の離乳食インストラクターが開催している離乳食講座です



「赤ちゃんが離乳食を食べてくれない」と言う悩み


「赤ちゃんが離乳食を食べてくれない」


離乳食の時期を問わずこの悩みを抱えるママが
離乳食講座に来られることがあります。




その原因を
・おっぱい、ミルクの飲む量が多いのでは?
・赤ちゃんの活動量が少ない?
・自立心が育ってきたから
・飽きやすい子なのではないか?
など言われることがあります。


もちろん、上記の理由のこともあると思いますが、
私はまず「量にこだわらなくても大丈夫だよ」と伝えています。
 


実際、話を聞いてみると
「食べてくれないから1時間以上かけて離乳食を食べさせています」
と言う親子も少なくありません。
これでは、親子共々、疲れてしまいますね。


ですので私は、食べない時期は多かれ少なかれ
多くの赤ちゃんにことなんだよ。
とママに助言しています。



・目標量を食べるまで時間をかけて食べさせる
・苦手な食べ物もできる限り食べさせる
・教科書通りに進まなければ不安


この気持ち、分かります。
私の息子も極度に食べない子でしたから。。。
食べてくれなかったら、
本当に本当に心配ですよね。


でも、私が長年、保育士として、母として学んだことは


・食べる量は気にしない
・食べなくてもいいか。次に食べよう
・1口でもOKの日もある。そんな日は母乳やミルクをたっぷり飲む



こう思えると、ラクになります。
つまり、


①まずは、目標量を考え直します
②食べるのを嫌がればスパッとやめる
③普段、最終的に食べる量の1/2を器に盛る



もし、私がもう一度、我が子の離乳食に携わることができ、
この悩みにぶち当たったら、



食べてほしい目標量を減らすことからスタートします。



全部食べたら「いっぱい食べたねえ」
と言って足りなければ、お代わりするんです。
そうすることで、ママの心もラクになりますよ。
一度試してみてくださいね。



今、直面している離乳食の悩みを。
和の離乳食パクパクセミナーで、講師に質問してください。
会場講座なら、講師に直接質問ができますよ。



和の離乳食パクパクセミナー
受講の方法を選ぶことができます。
通信講座(2019年10月末 発売開始 予約注文受付中)
会場講座 全国で開催中!

詳細・お申込はこちらをクリック


【和の食育コラム】中3の息子のお願い

こんにちは。
離乳食インストラクターの中田馨です。



先日ね。
中3の息子が言ったんです。
『お母さん。冷凍餃子を食べてみたい』


わが家は、冷凍食品を買うことがありません。
だから、冷凍餃子を食べたことがなかった息子。
CMみて、食べてみたくなったんですね。



じゃあ、食べましょう!
と食べてみました。


さすが、美味しいですね。
親子でパクパク食べちゃいました。



で、息子が言った一言。
「美味しいけど、たくさん食べられへん。お母さんのはたくさん食べられる」


そう。
その違いに気づいてもらうだけでOK。
便利な食材はやっぱり忙しいママには大切なもの。
ただ、食べる頻度に気を付けてほしいなと思います。
便利な食材は、たまに食べるという位置づけで。

【子どものおやつ】バター風味のやわらかさつまいものお焼き

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。
三連休はどうお過ごしでしか?


私は、14日、15日と離乳食インストラクター養成講座でした。
今回は、6名の受講生さんが受講してくださっています。
今回の養成講座で、メンバーは100名。
協会設立5年ということで、なんだか節目の年だなと思います。
次回は来年(2020年)開催です。
≫離乳食インストラクター養成講座が気になる方はコチラをクリック!



さてさて、今日のおやつ紹介。
DSCN9115


バター風味のやわらかさつまいものお焼き



材料は、


さつまいも 50g 
パター 1g 
牛乳 10ml


作り方は、

・さつまいもの皮をむいて、蒸しやすい大きさに切る。

1.さつまいも蒸す。 柔らかくなったらつぶしてバターと後、牛乳を混ぜる。

2.フライパンを熱しパターを溶かし1を両面焼く。

 



牛乳を混ぜるので軟らかく、
バターで焼くのでこんがり風味良く。
子どもたちが、食べた瞬間おめめキラキラになりました!


離乳食だけじゃなく
家族の食事づくりのコツも学べます!
離乳食インストラクター協会2級講座を受けると
●離乳食を悩まず作れるようになる
●時短につながる作り方が分かります
●調理のコツが分かる
●赤ちゃんがよく食べるようになる
●離乳食作りに自信を持てる
●離乳食作りが楽しくなる
●だしを使った和の離乳食が作れるようになる
●少人数制なので講師にすぐ質問できる
●他の参加者さんと育児の交流ができる
●離乳食の専門知識が身につく
≫お申し込みはコチラ

 

離乳食後期 たまねぎのスープ★

たまねぎのスープ離乳食後期)
12話 玉ねぎのスープ


材料
玉ねぎ 15g
かつお昆布だし 150ml
しょう油 微量

作り方
・玉ねぎは5㎜角
1.小鍋にかつお昆布だしと玉ねぎを入れて軟らかくなるまで煮る
2.しょう油で風味をつける





はじめてママとパパのための離乳食講座

和の離乳食パクパクセミナー

座学と調理実習で離乳食の基礎を教えます

詳しくは  一般社団法人 離乳食インストラクター協会HP



 

 

第3回!にじいろマルシェに出店します!2019年10月13日

第3回!にじいろマルシェに出店します!2019年10月13日
image1

私にとって、初めてのイベント参加です。
今回お伝えするのは
【和食育】


予定しているワークショップは

・手作りふりかけづくり
・だしづくり
・お味噌汁づくり

この3つです。
親子で参加できるような
楽しいワークショップを!


と思っていますので、ぜひぜひお越しくださいね(#^.^#)


私以外も多くの方が出展されますので。
一日楽しんでください!


にじいろマルシェ


【子どものおやつ】かぼちゃ団子

こんにちは!離乳食インストラクターの中田です。
今日は、中秋の名月ですね。
ですが。今のところ兵庫県は雨模様。

夜にはお月さまが見れるかな?


お団子は。カミカミできるし美味しいし、
とってもいいおやつなのですが。
離乳食期には避けたいおやつ。
それは、弾力があるから。


このおやつも、団子個ほど弾力はないものの、
少し弾力があるので、奥歯でしっかり噛めるようになってからのおやつ。
保育所では2歳半ごろからを目安に与えます。
与えるときは、この団子を年齢に合わせて1/8~1/4に切りますね。


いつもの白玉団子ではなく
こんなお団子もいいですね!


かぼちゃ団子
DSCN9311
少し多めに作りますよ。
材料は、

かぼちゃ 80g 
小麦粉 50g 
牛乳 30ml 
あずき(水煮) 10g

・かぼちゃ、皮ワタを取り除き、蒸しやすい大きさに切る

・牛乳を沸かし冷やしておく

1.かぼちゃを10分蒸す。つぶして小麦粉と混ぜ合わせる
(まとまりが悪い場合は、水や小麦粉を場合によって加える)

2.鍋に湯を多めに沸かし、1を団子状に形作り湯がく。浮かんだら取り出し湯切りする。

3.2を牛乳の中に入れる。



粉が多くなるほど弾力が強くなります。
お子さんの発達に合わせて粉の分量を調節してみてくださいね。




離乳食だけじゃなく
家族の食事づくりのコツも学べます!
離乳食インストラクター協会2級講座を受けると
●離乳食を悩まず作れるようになる
●時短につながる作り方が分かります
●調理のコツが分かる
●赤ちゃんがよく食べるようになる
●離乳食作りに自信を持てる
●離乳食作りが楽しくなる
●だしを使った和の離乳食が作れるようになる
●少人数制なので講師にすぐ質問できる
●他の参加者さんと育児の交流ができる
●離乳食の専門知識が身につく
≫お申し込みはコチラ

 
中田馨の著書 『いっぺんに作る 赤ちゃんと大人のごはん』好評発売中!
podhaishin
離乳食インストラクタ協会HP
podhaishin
お仕事のご依頼はコチラから
podhaishin
離乳食インストラクター協会1・2級講座日程
毎回満員御礼!! podhaishin
ポッドキャスト配信スタート
podhaishin
ライン@
インスタグラム
フェイスブック
知りたいキーワードで検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中田 馨

スポンサードリンク