赤ちゃんからはじめる和食育☆離乳食インストラクター中田馨の“和の離乳食レシピ”blog

黄金色のかつお昆布だしで作った和の離乳食は五感を刺激し子どもの舌を育て、心と身体が幸せになります。だしが変われば家族の食事が変わります。一般社団法人離乳食インストラクター協会代表理事で中田家庭保育所施設長の中田馨だからこそ伝えられる離乳食。離乳食・幼児食レシピは3000突破‼︎ 離乳食インストラクター協会®と離乳食インストラクター協会ロゴマーク®は商標登録です

赤ちゃん★イチゴはいつから食べられるの?

赤ちゃん★イチゴはいつから食べられるの?



こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。
イチゴの美味しい季節ですね。


先日、母の誕生日で。
姉が、イチゴを買ってきてくれました
IMG_9654
めったにお目見えしない
百貨店のイチゴです!!ひええええ!

「一人何個ずつ?」
と、家族の人数割していただきました。

ジューシーすぎる!!



ということで、今日の本題です。



赤ちゃんはいつからイチゴを食べられるの??



答えは、
【離乳食初期】


◆与えるときのポイント
◎滑らかなお野菜に慣れてからでOK
◎果汁として頻繁に飲ませなくてOK
◎与えるときは、「たま」に少量を心がける

◆与えるときの手順
1.鍋に30ml程度のお湯を沸かしイチゴ(10~15g)入れ煮る
2.裏ごし器で裏ごして、種を取り除く


イチゴのほんのり甘酸っぱい味を
親子で味わいましょうね!



離乳食インストラクター協会公式テキスト使用
和の離乳食パクパクセミナーを
全国の離乳食インストラクターが開催しています

和の離乳食パクパクセミナー詳細・お申し込み 

庭のアジサイ

庭のね。

アジサイの新芽が
どどどどど~っと出てきました。
IMG_9656



植物は、ちゃんと季節が分かっていますね。
今年は、どれだけお花をつけてくれるかな?


めっちゃ咲く年と
全然咲かない年がある



今年はどっちかなああ?
父が、大切にしているアジサイ。
家族の大切なアジサイ


これからの季節が楽しみです!

離乳食インストラクター協会2級講座 大阪で開催しました!

みなさんこんにちは!
離乳食インストラクターの中田馨です



先日、離乳食インストラクター協会2級講座
私、半年ぶりに講師として講座をしてきました。
私にとっては初めての会場
大阪のひだまりさん
P1100137


今年から新講座に変わり
更にバージョンアップした2級講座です

楽しくて
いつものように、しゃべりすぎてしまったわけなんですが。
P1100145


11名の受講生さんとの楽しい講座でした!
レポは後日!



   

大阪のひだまりさんに シフォンケーキを学びに行きました

こんにちは!
離乳食インストラクターの中田馨です。



先日、大阪のひだまりさん
シフォンケーキを学びに行きました。


これまで何度かシフォンケーキを作ったことがあったのですが
美味しいけれど膨らみが足りないことに
「なんでだろうな」
と思っていたんですね。


で、将来ケーキ屋さんになりたい娘と
食べるの大好きな息子と一緒に行ってきました。
IMG_9584





やっぱりプロに学ぶもんですね。
膨らまない原因が明確になりました。


娘は、出来上がったシフォンケーキを友人に配り
ウキウキさんでした!




全国各地で開催しています!離乳食を学びたいママさん集合!
和の離乳食パクパクセミナー
離乳食の基礎を学んで、離乳食作りが楽しくなる講座です!



講座の詳細はコチラです


 

離乳食作ろうと思ったら、しらすの中にモンスターを見つけちゃった!取り除いた方がいい?

こんばんは!離乳食インストラクターの中田馨です。
先日、離乳食講座でこんな質問を受けました

【離乳食作ろうと思ったら、しらすの中にモンスターを見つけちゃった!取り除いた方がいい?】



モンスターとは??
これのこと
IMG_9595
分かります?
真ん中にいるタコさん。
これ、エビの時もありますね。

特に、離乳食期にはエビは食べさせないので
「これって食べさせていいの?」
と不安に思うママさんもいます。

そうですよね。
そう思うかもしれません。


そんな時。
質問を受けたときは
「不安だったら取り除いてください」
とお伝えしています。


そんなたくさん入っているものではないですし。
取り除くのにそんなに手間もかかりませんしね。

ということで、我が家はこのしらすを
ゴマ油でいためて
サラダにかけていただきました!

ドレッシングいらずの
しらすサラダです!

ではでは



全国各地で開催しています!離乳食を学びたいママさん集合!
和の離乳食パクパクセミナー
離乳食の基礎を学んで、離乳食作りが楽しくなる講座です!



講座の詳細はコチラです



手づかみ食べにも役立つ ぽっとんおとし

ぽっとんおとし

ぽっとんおとしってご存知ですか?
P1100132

これ、うちの保育所の
てづくりぽっとんおとし


穴に、物を
ぽっとん
と落とす。


これだけのおもちゃ。


でもね。
赤ちゃんはこのおもちゃにはまります。


ひたすらぽっとん
中身を出してもう一度ぽっとん


この時赤ちゃんは、
ぽっとん
と落ちていく

感覚
を楽しんでいるのでしょうね。
缶を使えば、音はさらに楽しめます。



保育所では
ペットボトルのふたをつなげています。
これをつかむ
つまむ
ということが、手づかみ食べの練習にもなります
P1100132

つかむ
つまむ
遊びを
どんどんさせてあげましょうね!



★ぽっとんおとしを作る際の注意!
・ペットボトルは、赤ちゃんが飲み込めない大きさに繋げましょう
・もし、お口の中に入れることが多い場合は、使用を避けましょう
・穴は、赤ちゃんの手が傷つかないように保護しましょう
(写真はマスキングテープを使用)

2018年春。中田家庭保育所

春ですねええ。

私の保育所でも卒園・入園式の準備が始まりました。
IMG_9591
花壇には、チューリップ。


IMG_9592
サクラソウ

と、子どもたちの門出をお祝いしているかのように咲き誇りました。
新しい生活が始まります。


皆さんも、無理せず
こころに余裕を持ちながら生活してくださいね!


来年は、チューリップをもっとたくさん植えるぞおお!

離乳食インストラクター協会公式テキスト使用
和の離乳食パクパクセミナーを
全国の離乳食インストラクターが開催しています

和の離乳食パクパクセミナー詳細・お申し込み 
 

2018年3月の私の誕生日

先日、保育所スタッフが誕生日を祝ってくれました


このケーキね。
ちょっと、嬉しいけど
ちょっと、恥ずかしい。

でも、こんなんできるんだと感動
IMG_9508


お花も私が好きなガーベラ。
IMG_9509


いつも、愛してくれてありがとう。
これからもよろしくお願いいたしますm(__)m



離乳食インストラクター協会公式テキスト使用
和の離乳食パクパクセミナーを
全国の離乳食インストラクターが開催しています

和の離乳食パクパクセミナー詳細・お申し込み 
 

離乳食インストラクター協会2級講座 東京 3月18日

離乳食インストラクター協会2級講座 東京 3月18日
image1 (9)

みなさんこんにちは。
3月18日、2級講座を担当しました早野直子です。
image2 (5)

今回は11名の受講生さんがお越しくださいました。
ママさん
保育士さん
調理師さん
栄養士さん
自己紹介から皆さんの熱い思いが伝わってきました!
image3 (5)

座学では、
○なぜ離乳食は必要なの?
○離乳食をスタートするときのポイント
○離乳食を与えるときの注意点
○離乳食がうまく進まなかったらどーするの?
○必要な栄養は?
などなど。。

image5

わたしの実際の失敗談や、オススメの方法など、実体験も含めながらお話させていただきました。

離乳食インストラクター協会の講座では、
座学の他に調理実習も行います。
image3 (6)

実際に自分の目で見て作って、体験することができる調理実習は、家に帰ってからの実践にも役立ちますね(^^)
百聞は一見にしかず♪

調理実習は、
離乳食インストラクターがオススメしている《和の離乳食》の基本になる「だし」を取ることからはじめます。
image1 (10)

部屋中がおだしのいい香りに包まれます。
まずは、昆布だしのうま味をよ~く味わい。
次に、かつお昆布だしの美味しさを味わいます。
みなさん、「美味しいーー!幸せーー!」
「体に染み込むー!」とホッコリ(^^)

このおだしが基本になり、
美味しい和の離乳食ができ上がります。
image2 (6)

他には、
離乳食ならではの野菜の下処理の方法や、とろみのバリエーションなど
盛りだくさんな内容です。
image2 (7)

最後に皆んなで完了期のメニューをいただきます。
みなさん、達成感でいっぱい!
image1 (12)

赤ちゃんが離乳食を食べてくれないときに、落ち込んでしまったり、自分を責めてしまうこともあると思います。

悩むことは悪いことではありません。
それは、真剣に向き合っている証です(^^)

肩の力を抜いて、気持ちを楽にして、
離乳食ライフを楽しんでくださいね。
赤ちゃんはママの笑顔が大好きです(^^)
image3 (7)

情報が溢れている便利な時代だからこそ、迷ってしまうこともあると思います。
みなさんのお悩みが解決できていたら、とても嬉しいです。

 image1 (9)


 

 ◆受講生さんの感想◆

●T・Kさん 
T・Kさん
本日はありがとうございました。改めて和食、だしのおいしさを感じることができました。子どもといると普段はゆっくり食事をとる時間がなかなかないのですが、今日はしっかり味わうことができ勉強になりました。子どもへの食事だけでなく大人もやさしい味で素材の味を活かした料理にしていきたいと思いました。

●中島愛さん 
中島愛さん
調理実習は見ているだけだと思っていましたが、みんなで作ることが出来て、食べ比べなど実際食べてみないとわからない事をさせてもらえて、とても楽しかったです。だしは大切だもわかっていても、手を抜いていたところがありました。今回受講し、やはりだしの重要性がわかり、もっと手の込んだ料理を作ってあげられるなと思いました。

●菊池奈津美さん
菊池奈津美さん
ありがとうございました。だしを大切に、和の離乳食というのがとても良い(大切)だと思い参加させていただきました。講師の先生がとても丁寧で、質問にも答えていただけて良かったです。

 

●川上由美子さん
川上由美子さん
とても聞きやすいお話の仕方と資料の作り方が素晴らしく、時間があっという間でした。本当に来て良かったです。保育園でも離乳食講座があるので先生の話し方を参考にさせていただきたいと思います。独学でやっていたので講座を受けて安心した事がたくさんありました。ありがとうございました。

●最初はとてもドキドキして緊張していましたが、楽しく学ぶことができました。おだしの取り方や調味料を使わなくても美味しく出来ることがわかったので自分の食事、今後の離乳食に役立てていきたいです。ブレンダーなど便利なものもありますが、裏ごししたりこれから頑張っていきたいと思います。自分にもありがとうと言えるようになりたいです(^^)

●座学も実習は参加者全員で協力しながら行うので入りやすく、わかりやすかった。塩加減等も参考になりました。とろみのバリエーションは次に活かしたいです。



   

ニラのお焼き★子どものおやつ

子どものおやつ
なるべくお砂糖を使わない
素材を食べるおやつ


子どもにとっておやつとは
4・5回目の食事
食事の代わりになるものを
用意してあげられるといいですね


・ニラのお焼き

2018年3月1日 (5)

水30-40ml 
小麦粉35g
片栗粉10g 
コーン5 g
ニラ10g  
チーズ5g 
青のり少々
かつおぶし少々 

1.ニラ細かく切る

2.材料すべて混ぜ合わせる

3.フライパンで両面焼く

 


大人はゴマ油で、薄くパリッと焼いて塩を振ったら
ビールのおつまみになりそう!
美味しかったです!
(検食では足りなかった!!笑)


和の離乳食もおやつも学べる
離乳食インストラクター協会2級講座と1級講座

パクパク感想だよ

まずは基本の和の離乳食講座
★離乳食インストラクター協会2級講座

次に和の離乳食の応用編と簡単おやつも学ぼう!
★離乳食インストラクター協会1級講座
離乳食インストラクタ協会HP
podhaishin
お仕事のご依頼はコチラから
podhaishin
離乳食インストラクター協会1・2級講座日程
毎回満員御礼!! podhaishin
ポッドキャスト配信スタート
podhaishin
ライン@
インスタグラム
フェイスブック
知りたいキーワードで検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中田 馨

スポンサードリンク