赤ちゃんからはじめる和食育☆離乳食インストラクター中田馨の“和の離乳食レシピ”blog

離乳食は、離乳食初期、離乳食中期、離乳食後期、離乳食完了期の4つの時期に分かれています。「離乳食はいつから?」「離乳食の進め方のルールは?」「離乳食を時短で作るには?」。カンタンだけど美味しく赤ちゃんが喜ぶ離乳食を保育士歴20年以上の離乳食インストラクター中田馨がお伝えします。離乳食インストラクター協会®と離乳食インストラクター協会ロゴマーク®は商標登録です

離乳食・上手な保存方法【基本調理法】

離乳食づくりで大切にしてほしいこと。それは・・・

1.赤ちゃんに与える離乳食は、新鮮なもの
2.火を通した食べ物を与える。

これは食中毒から赤ちゃんを守るためにも守ってくださいね。


ママは忙しいです。毎回毎回は、作りたての食事を用意出来ない事もありますね。
そんな時に役立つのが、冷蔵保存冷凍保存です。


冷蔵保存、冷凍保存をするときに大切なこと。

【保存する時は清潔に。清潔な容器で清潔な環境】

離乳食を作る時も、調理器具を清潔に。保存時は、なおさら清潔に心がけてください。それはなぜ?
赤ちゃんは細菌にとても弱いからです
ですので、滅菌した容器に入れ、清潔な環境で保存するのです。


冷蔵庫に保存するなら 1~2日

冷凍庫に保存するなら 1週間 

冷蔵、冷凍保存はお母さんの離乳食づくりを楽にして、助けてくれます。
ですので、上手に使うといいですよ。


冷凍保存した離乳食を美味しく頂くには、レンジでチンより、もう一度鍋に入れてダシで温め直すと更に美味しくいただけます(#^.^#)お粥なら水で炊きなおします。

ということで、美味しく冷凍・冷蔵保存したものを、美味しくいただくには場合は、

= ☆ = ☆ = ☆ = ☆ = ☆ = ☆ = ☆ = ☆ = ☆ = ☆ 

①保存する時は清潔に。
清潔な容器で清潔な環境
②潔な容器で清潔な環境食材を平べったく薄くして冷凍する
③瞬間冷凍機能が冷蔵庫にある場合は使用する
④鍋で温めなおす。
冷蔵庫に保存するなら 1~2日
冷凍庫に保存するなら 1週間


= ☆ = ☆ = ☆ = ☆ = ☆ = ☆ = ☆ = ☆ = ☆ = ☆ 

こうするだけで、美味しく保存ができますよ(#^.^#)

各時期の離乳食おすすめ食材一覧

離乳食には、各時期に食べられるようになる食材があります。
何故かというと、赤ちゃんの内臓や消化器官が未熟なため、身体に負担のないものからはじめるのです。
下の表は、その一例です。離乳食づくりの参考になさってくださいね(#^.^#)


各時期の離乳食おすすめ食材一覧(一例)


 

ゴックン期

モグモグ期

カミカミ期

パクパク期

 

炭水化物

10倍つぶしがゆ

じゃがいもさつまいも

トウモロコシバナナ
(6ヶ月以降)

10倍がゆ

食パン、フランスパン、

7倍かゆ 

うどん、そうめん、ひやむぎ、里芋、長芋

5倍かゆ 

マカロニ、スパゲティー

軟飯・普通飯

ビタミン

ミネラル

かぼちゃ、にんじん、玉ねぎ、ほうれん草、小松菜、キャベツ、ブロッコリー、なすなど
果物全般

オクラ、アスパラガス、ねぎ、ピーマン、枝豆、

さやいんげん 、さやえんどう、もやし、にら、ピーマン、きのこ類、ひじき、わかめ、とろろ昆布

ごぼう、れんこん

 

 

タンパク質

絹豆腐、木綿豆腐、きな粉

(白身魚)真鯛、しらすカレイ、ヒラメ

牛乳(調理のみ)

プレーンヨーグルト

 

納豆、高野豆腐、豆乳、卵黄、卵白、

(赤身魚)鮭、かつお、マグロ

(肉)

鶏ささみ、

鶏ムネ肉

カッテージチーズ

プロセスチーズ

大豆、

たら

(青背魚)さんま、あじ、いわし

貝類

(肉) 

鶏もも肉レバー

牛肉の赤身

豚肉の赤身

温泉卵、半熟卵、

サバ、

(肉)

合びきミンチ

 


*すべての食品をのせることはできませんが、上記を参考に「この食品は食べられるかな?」ということを考えながら与えてみてくださいね。



表を見るとわかるように、

・おかゆははじめ粒のないもの
・野菜は繊維が少ない滑らかなもの
・タンパク質は脂身が少ないもの

というのが分かりますね(#^.^#)

離乳食 完了期(パクパク期・12カ月~18カ月)とは

離乳食 完了期(パクパク期・12カ月~18カ月)とはどんな時期


さあ、1歳を過ぎました。
そろそろ、赤ちゃんはつたい歩きなどを始め、歩く練習をしはじめていますか?もしかしてもう歩いている子もいるかもしれませんね。‘ワンワン’など知っている言葉を言ったりしていますか?大人の言う事を少し理解するようになってきていますか?どんどん反応が面白くなってきて、子育てにも張り合いが出てくる頃だと思います。

離乳食は、完了期(パクパク期)になります。後期(カミカミ期)の次の段階です。
パクパク期は、1歳から1歳半(12カ月から18カ月)までの事。
ここで注意してほしいのが、

『完了期』という表現の取り方。
この漢字だけを見て、完了期の意味をどうとらえましたか?

『完了期』とは、離乳食が完了したわけではなく、【離乳を完了する】と言う事です。‘離乳を完了する’と言うことの意味は?

・母乳やミルクではなく、食事で大半の栄養を摂取できるようになる

と言う事です!!1歳になると離乳食を完了したから、大人と同じ食事をしていいと勘違いしているお母さんがいらっしゃいますが、よく考えてみましょう。生まれて1年。離乳食をはじめてたかが数カ月で離乳食を完了する・・・とは考えにくいですよね。
イロイロな記事に書いていますが、赤ちゃんの内臓はとっても未熟です

子どもの内臓機能は3歳
消化機能は7歳

で、大人と同じような働きをするようになるのです。
それまでは未熟と言う事を頭に置いておいてくださいね。


完了期に入っても、味付けは後期と同様の薄味。
調理方法も油ものばかりにならず、煮物・焼きものだと素敵ですね(#^.^#)!!


離乳食 完了期の離乳食
量は必ずしもこの量と言うわけではありません。
一つの目安と思ってください。

【離乳食
 
1日3
【授乳 
1日2回(ミルクなら1回200㏄)
*ひとりひとりの子どもの成長に応じて与える
母乳(ミルク)と離乳食の比率 
7:3~8:2(徐々に離乳食の量を増やす)
【おやつ 
1日1回~2回
*1回の食事に多くの量を食べられないのでおやつを食べ始めます
量は食事の65~100㎉、10%程度の量
【離乳食1回分の目安量
炭水化物(軟飯)…90gくらい  
ビタミン・ミネラ(にんじんなら)…40~50gくらい
・タンパク質(豆腐なら)…50~55g、(魚・肉なら)15g~20g程
【口の発達
・歯…一番手前の奥歯が生えてきます。前歯で食物をちぎります。
・舌、唇の動き…大人並みに自由に動かせます。
【食べ物のかたさ 
少し力を入れるとつぶれるかたさ
歯茎で噛めるかたさ
【食べ物大きさ】 
ご飯は、軟飯~普通飯に徐々に移行
歯茎で噛める。指でつまんで少し力を入れるとつぶれる。バナナくらい
1cm角、スティック状
*やわらかく食べやすい食材から、徐々に大きさを大きくしていく 
【食べさせ方 
手づかみ食べから、徐々にスプーンやフォークで食べるようになってきます。
家族と一緒に食事をすることで、上手に食べることができるようになります。



ミルクですが、だんだんやめる事ができたらいいですね。哺乳瓶のお子さんは、コップに移行していきましょう。牛乳が飲める子は飲んでも構いません。初めはお腹がビックリするので冷えた牛乳ではなく温めたものを与えましょう。
牛乳に関しては、‘飲まなくてもいい!!’と言う先生もいますのでそのあたりはお母さん方の判断にお任せします。


でも、おっぱいに関してはちょっと違います。赤ちゃんにとってお母さんのおっぱいは精神安定剤です。やめたがらない場合は無理にやめなくてもOK。やめる事に必死になる事が、親子のストレスになってはいけません。今は、「卒乳は2、3歳になってもOKよ!!」って先生もいらっしゃいます。
断乳ではなく、卒乳できると理想的ですね💛
ちなみに、私はもうこの時期、おっぱいが出てきませんでした。仕事をしていた・・・というのは母である私の一方的ないいわけです。長い期間、おっぱいを飲ませているママさんを見ると尊敬するし羨ましい!!おっぱいって本当に素敵ですよね(#^.^#)

また、徐々にスプーンやフォークを使って食べられるようになります。手づかみを好むお子さんもいますが、上手に食べているようでしたらそれでもOKですよ!!

遊び食べが始まったら注意しつつしばらく様子を見て、止めないようならばサッとお皿を引きましょう。ご飯の時間はおしまいです。


離乳食 後期【カミカミ期・9~11ヶ月】とは?

離乳食 後期(カミカミ期・9カ月~11カ月)とはどんな時期


カミカミ期は、モグモグ期の次の段階です。そろそろ、離乳食に慣れて来たかな。離乳食の量が増えてきたかな?という感じのお子さんもいるでしょう。月齢で言うと、9ヶ月~11ヶ月の頃の事です。

「うちの子は、まだ離乳食に慣れていません!!」と心配して嘆かないでください。もちろん、慣れていないお子さんもいます。私の保育所でお預かりしているお子さんも、少し大きくなってから入所した赤ちゃんの半数がまだ離乳食を上手に食べられません。

実の所を言うと、私の息子もこの時期は、食べる事に、まだまだ慣れていませんでした。「食べないから…ミルク…」と、すぐにミルクを与えていたので、悪循環になっていました。赤ちゃんは賢いので、「この後ミルクがあるでしょ」と分かっているんです。ダメですねえ。

まだ離乳食に慣れていないお子さんは、9ヶ月になったから段階を引き上げるのではなく、形状(みじん切り)は今のままで、食材だけ少しずつカミカミ期から食べられるものを取り入れていけばいいですよ。その子その子の成長に合わせてくださいね。



カミカミ期は離乳食を1日3回食べることになります。大人と一緒になりますね!!
時間も、3回とも大人と同じにしてもいいですよ。例えば、

1回目は午前7時
2回目は午後0時
3回目は午後6時


などなど。各家庭のリズムはだいたいこんな感じでしょうか?朝がメッチャ速いとか、夜がメッチャ遅い!!という時は、大人の事情に合わせず、なるべくお子さんのリズムに合わせてあげてください。


離乳食 後期の離乳食
量は必ずしもこの量と言うわけではありません。
一つの目安と思ってください。

【離乳食
 
1日3
【授乳 
1日3~5回 (ミルクなら1回200㏄、離乳食後は80~120㏄)
【母乳(ミルク)と離乳食の比率 
5:5~4:6
 
(徐々に増やしていく)
【おやつ 
なくて良い。与えるなら、授乳と食事で足りない場合。
【離乳食1回分の目安量
炭水化物(おかゆなら)…90g (軟飯)…80g 
ビタミン・ミネラル(にんじんなら)…30g~40g
タンパク質(豆腐なら)…45g、(魚・肉なら)15g
【口の発達
・歯…早ければ、上下4本ずつ歯が生えてきます。
・舌の動き…左右の動きができるようになります。
・口の左右奥にも食物を持って行けます。
・唇の動き…口角を引き揚げる動きができます。
【食べ物の固さ 
少し力を入れるとつぶれる固さ
歯茎でつぶさる方さ
バナナ状
食べ物大きさ】 
5mm~7mm角
【食べさせ方 
赤ちゃん用の椅子に座らせる。
ママが与えるお皿以外に、自分で手づかみできるお皿も用意し、手づかみで食べる。

上記を見ると、半分~半分以上が離乳食になるという事です。
調理の仕方は5mm~7mm角に変わりますので、カミカミしないと食べられない感じになります。指で軽くつまんで潰れるくらいの固さがいいでしょう。お母さんも試しに赤ちゃんになったつもりで食べてみてくださいね。

成長としては、徐々に自分で離乳食を食べたがり始めます。手づかみしたがると思います。「汚れるからイヤと言わずに、手づかみ食べをさせてあげてください。手づかみ食べをしたい時期にさせてあげたお子さんは、その後の食べ方が本当に上手になります。

手を使う…ということは
脳を刺激する…と言うことで
頭が活性化する…と言うことです。

赤ちゃんの脳が活性化されて、とっても賢い子になりますよ
もし、おうちが汚れるのがイヤなら、食べる前に準備万全にするのです。


☆いすの下にはビニールシート

☆エプロンはポケット付きのもの
☆濡れたガーゼや布巾を準備しておく

そうしているだけで、全然違いますよ是非、手づかみ食べのおいしさを味あわせてあげてください

1歳近くなると、スプーンやフォークを持ちたがります。危険のないように大人がそばにいて、見守ってあげましょう。スプーンですくうという動作はなかなか難しものです。ですので最初はお母さんがスプーンでご飯をすくってあげ、それを赤ちゃんんが自分で食べるとスムーズです。スプーンを口に持って行くのも最初は難しいので、口に入れるまでをお母さんも一緒に支えてあげてください。

また、コップからお茶や湯ざましを飲めるようにもなります。初めは口に入れたかと思うとダラダラダラダラ~っと垂れ流します。初めから上手にゴクゴク飲める子はいないと思います。たぶんダラダラダラダラ~が長く続くと思います。気長に行ってください。そのうち上手に飲めるようになりますのでご心配なく。コップで飲むって、大人が考えているよりもずっと難しいんですよ。

離乳食 中期【モグモグ期・7~8カ月】とは?

離乳食 中期(モグモグ期・7カ月~8カ月)とはどんな時期


中期(モグモグ期)は、初期(ゴックン期)の次の段階の事です。
だいぶん離乳食に慣れ始めたかなあぁ?という時期でもあります。月齢で言うと7ヶ月~8ヶ月の頃の事。

モグモグ期は離乳食を2回食べます。午前10時頃に1回目を食べたなら、2回目は夕方ごろでしょうか。大人の夕食を6時か7時頃にするのなら、大人と一緒に食べてもいいですね。

調理の仕方は裏ごしからみじん切りに変わります。少し、モグモグしないと食べられない感じになりますね。


離乳食 中期の離乳食
量は必ずしもこの量と言うわけではありません。
一つの目安と思ってください。


【離乳食
 
1日2回
【授乳 
1日5~6回
(ミルクは1回分200㏄~220㏄、離乳食後は140㏄)
【母乳(ミルク)と離乳食の比率 
7:3~6:4(徐々に増やしていく) 
【おやつ 
なし
【離乳食1回分の目安量
炭水化物(おかゆなら)…50~80g
・ビタミン・ミネラル(にんじんなら)…20~30g
・タンパク質(豆腐なら)…30~40g、(魚・肉なら)10~15g程
【口の発達
・歯…上下2本ずつ歯が生えてきます。(下から生える子が多い)
・舌の動き…口の中が少しずつ大きくなり、上下の動きができるようになります。モグモグして飲み込む動きができるようになります。
・唇の動き…口を閉じたまま、すぼめて広げる動きができます。 上アゴと舌を前後に動かして、食べ物をすり潰しゴックンする
【食べ物の固さ 
舌でつぶせるかたさ。
絹こし豆腐やプリンのような固さが目安
【食べ物大きさ】 
おかゆは7倍かゆ~5倍かゆに徐々に移行
みじん切り(2~3mm程度)


モグモグ期の前半はまだ、離乳食に慣れる事が目的です。
そして、栄養も母乳や粉ミルクの割合の方が多いです。

モグモグ期の赤ちゃんは、口の中が少しずつ大きくなってきているので、上下の動きをする事ができるようになっています。ですので、口の中からご飯がはみ出す事も少なくなるでしょう。また、スプーンを口の前に持って行くと、自分からお口を開けてくれます

成長としては、お座りができるようになりますので、一人座りができるようになったら、椅子に座ってご飯を頂きまし
ょう。


もしかすると、まだまだ離乳食に慣れていないお子さんもいらっしゃると思います。「10倍かゆもちゃんと食べてくれないと心配しているお母さんいますか

大丈夫です。そうゆう時は、しばらくは、お子さんに合わせてあげてください。

実は、私の息子がそうでした。飲み込みがとても苦手で・・・。少し形が大きいものだったら、喉をつまらせてすべて吐く・・・。今まで食べていたもの、すべて出しちゃうんです。とっても悲しかったです。
私は、「どおしてえええええと、泣きたくなりました。

でもね、それが私の息子の成長だったのです。背伸びをしすぎずに、その子その子に合った進め方をしてあげてください。

離乳食を急激に早く進めることはお勧めしませんが、ゆっくり進めることは、悪い事ではありません。形状はゆっくりでも、その月齢月齢で必要な栄養を取っていれば、問題ないと思います。


ただ、‘噛む’ことはとっても大切です。
軟らかいものばかりをずっとずっと与え続ける事は、良くありませんので、みじん切りにして食べやすい食材(例えばイモ類)から徐々に与えていってくださいね。

離乳食中期 ささみと野菜【離乳食レシピ86日目2回目】

娘、あ~やの離乳食日記

離乳食レシピ86日目2回目
(7ヶ月・中期)
中期から味付けをするように書かれている離乳食本が多いですが、
私は、味付けはまだしません。
味付けはしないけど、しっかりとダシをとっていただきます。


2回目
5月21日2回目
7倍かゆ
湯豆腐
豆腐
ささみと野菜
ささみ、かぼちゃ、キャベツ


ささみと野菜
の作り方
1.
かつお昆布だしが沸騰したら材料を入れて煮ます。
2.材料をみじん切りにしお皿に盛ります。

 2009年5月21日

離乳食中期 豆腐とチーズとにんじん【離乳食レシピ86日目1回目】

娘、あ~やの離乳食日記

離乳食レシピ86日目1回目
(7ヶ月・中期)
中期から味付けをするように書かれている離乳食本が多いですが、
私は、味付けはまだしません。
味付けはしないけど、しっかりとダシをとっていただきます。


1回目
5月21日1回目
7倍かゆ
豆腐とチーズとにんじん
豆腐、カッテージチーズ、にんじん
バナナヨーグルト
バナナ、ヨーグルト
*バナナヨーグルトは写真撮り忘れ


豆腐とチーズとにんじん
の作り方
1.かつお昆布だしにすりおろしたにんじんを入れて煮ます。
2.沸騰したら、豆腐とチーズを潰しながら入れてよく煮ます。
3.水分がなくなってきたらOK

 2009年5月21日

離乳食中期 マーボー豆腐風【離乳食レシピ85日目2回目】

娘、あ~やの離乳食日記

離乳食レシピ85日目2回目
(7か月・中期)
中期から味付けをするように書かれている離乳食本が多いですが、
私は、味付けはまだしません。
味付けはしないけど、しっかりとダシをとっていただきます。


2回目
5月20日2回目
7倍かゆ
マーボー豆腐風
豆腐、にんじん、玉ねぎ、シイタケ、水溶き片栗粉適量


マーボー豆腐風の作り方
1.かつお昆布だしににんじん・玉ねぎを入れ煮ます。
2.沸騰したらしいたけを入れて煮ます。
3.材料をみじん切りにします。
4.鍋にだしと3と手でつぶした豆腐を入れ煮て、片栗粉でとろみをつけます。


家族の食事もマーボー豆腐でした。
あ~やは、ご機嫌で離乳食完食しましたラブラブ!

 2009年5月20日

離乳食中期 鮭とトマトのにゅうめん【離乳食レシピ85日目1回目】

娘、あ~やの離乳食日記

離乳食レシピ85日目1回目
(7か月・中期)
中期から味付けをするように書かれている離乳食本が多いですが、
私は、味付けはまだしません。
味付けはしないけど、しっかりとダシをとっていただきます。


1回目
5月20日1回目
鮭とトマトのにゅうめん
そうめん、鮭、トマト、小松菜、水溶き片栗粉適量



鮭とトマトのにゅうめんの作り方
1.沸騰したお湯の中にトマトを入れ、湯むきします。
2.皮と種を取り除きみじん切りにします。固ゆでして黄身を取り除きます。
3.そうめんを湯がきます。
4.かつお昆布だしが沸騰したら鮭と小松菜を入れてよく煮ます。
5.材料をみじん切りして、だしとそうめん・トマト・小松菜・一緒に煮て片栗粉でとろみをつけます。
6.鮭を上にのせます。



4歳の兄があ~やにご飯を食べさせるといってくれます。
気持ちは嬉しいのですが、慣れないもんだからモタモタモタモタ
口にうまく入らない
で、あ~やにとったら、ありがた迷惑ですなははは



 2009年5月20日

離乳食中期 ささみと野菜のにゅうめん黄身添え【離乳食レシピ84日目2回目】

娘、あ~やの離乳食日記

離乳食レシピ84日目2回目
(7か月・中期)
中期から味付けをするように書かれている離乳食本が多いですが、
私は、味付けはまだしません。
味付けはしないけど、しっかりとダシをとっていただきます。


2回目
5月19日2回目
ささみと野菜のにゅうめん黄身添え
そうめん、ささみ、玉ねぎ、ブロッコリー、水溶き片栗粉適量


ささみと野菜のにゅうめん黄身添えの作り方
1.卵を固ゆでして黄身を取り除きます。
2.そうめんを湯がきます。
3.かつお昆布だしに玉ねぎを入れ煮ます。
4.沸騰したらささみとブロッコリーをよく煮ます。
5.材料をみじん切りして、だしと一緒に煮て片栗粉でとろみをつけます。
6.黄身を上にのせます。



そうめんお初です
モグモグ期から卵白もいただけるのですが、私は用心に用心を重ねてまだ黄身だけにしています。同じ時期の方。大丈夫そうなら全卵を与えてくださいね

2009年5月19日

離乳食インストラクタ協会HP
podhaishin
お仕事のご依頼はコチラから
podhaishin
離乳食インストラクター協会1・2級講座日程
毎回満員御礼!! podhaishin
ポッドキャスト配信スタート
podhaishin
ライン@
インスタグラム
フェイスブック
知りたいキーワードで検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中田 馨

スポンサードリンク