赤ちゃんからはじめる和食育☆離乳食インストラクター中田馨の“和の離乳食レシピ”blog

離乳食は、離乳食初期、離乳食中期、離乳食後期、離乳食完了期の4つの時期に分かれています。「離乳食はいつから?」「離乳食の進め方のルールは?」「離乳食を時短で作るには?」。カンタンだけど美味しく赤ちゃんが喜ぶ離乳食を保育士歴20年以上の離乳食インストラクター中田馨がお伝えします。離乳食インストラクター協会®と離乳食インストラクター協会ロゴマーク®は商標登録です

離乳食後期 豆腐の大豆ソースがけ【離乳食レシピ123日目3回目】

娘、あ~やの離乳食日記

離乳食レシピ123日目3回目
(9ヶ月・後期)
後期からは味付けを始めます。
使う調味料はしょう油と味噌だけ。量はほんのちょっとだけね。


3回目

6月27日3回目
5倍かゆ
豆腐の大豆ソースがけ
豆腐、蒸し大豆、卵、紫玉ねぎ


豆腐の大豆ソースがけの作り方
1.卵を固ゆでして裏ごしします。
2.大豆も裏ごしします。
3.1・2・少量のだし・味噌を軽く煮てソースを作ります。
4.かつお昆布だしに紫玉ねぎを入れて煮ます。
5.沸騰したら豆腐を入れて煮ます。
6.豆腐は水切りして器に。
7.紫玉ねぎはみじん切りに。
8.豆腐に大豆ソースをかけ紫玉ねぎを添えます


今回使った紫玉ねぎは、ご近所の方の田舎のお父様お母様が作ったもの。
これがめちゃうまなんです
大人はスライスしてサッと水で洗って、
ゴマ・鰹節・ポン酢
でいただいたのですが、甘いんです
本物の味ってこれなんですね。

こんなお野菜を作っておられるお父様お母様、素敵です。そして感謝です。
幸せな気持ちになりました


2009年6月27日


離乳食後期 ささみと野菜の味噌おじや【離乳食レシピ123日目1回目】

娘、あ~やの離乳食日記

離乳食レシピ123日目1回目
(9ヶ月・後期)
後期からは味付けを始めます。
使う調味料はしょう油と味噌だけ。量はほんのちょっとだけね。


1回目

6月27日1・2回目
ささみと野菜の味噌おじや
5倍かゆ、ささみ、じゃがいも、玉ねぎ、ブロッコリー、卵、味噌


ささみと野菜の味噌おじやの作り方
1.
卵は固ゆでして食べやすい大きさに切ります。
2.かつお昆布だしにじゃがいもと玉ねぎを入れて煮ます。
3.沸騰したらささみとブロッコリーを入れます。
4.食べやすい大きさに切ります。(ささみや玉ねぎなど舌でつぶしにくい食品はみじん切りしたほうがいいかも)
5.だしと味噌と一緒におかゆにまぜて炊きます。
6.器に盛って卵を上に添えたら出来上がり。



ここ最近、朝は決まって食欲がない。
あやは朝起きて(7~8時)2時間後にはもうおねむになっている
今日は土曜日だというのに兄が7時に完全に起きてあやも起きる
(仕事が休みなんだから、もっと寝たいっが仕方ない
寝ぼけながらゆっくり朝ごはんの準備をしていたら、8時半。
すでにあやはおねむモード
離乳食を口に入れてもふくれっ面
『こんなものより、白い美味しい液体があるだろ
っと言わんばかり。

今朝もやっぱり少量しか食べずにミルク
そして即寝。
たくさん作ったので、お昼も同じメニューです。
母は楽チン。
でも、これでいいのか…

 2009年6月27日


粉ふき芋【大人ごはんのとりわけ離乳食】

馨の大人の料理からの簡単取り分け離乳食レシピ
粉ふき芋

ほくほくでじゃがいもの甘さが生かされる美味しい粉ふき芋。
大人のメニューが粉ふき芋なら、赤ちゃんのメニューはどうなるのかな
粉吹きいも



大人用の作り方

材料
(大人2人分) 
じゃがいも(一口サイズ) …2個
塩 …少々
*幼児さんから取り分けOKお塩を少なくしましょう

作り方 
1. 切ったじゃがいもを10分ほど水につける。
2. 小鍋に水とじゃがいもを入れ強火。沸騰したら中火でコトコト。  
3. じゃがいもに竹串が通ったらOK。ゆで汁を捨てザルで水切りする。 
4.空っぽの鍋にじゃがいもを戻して、鍋を揺らしながら弱火で熱します。
 粉吹きいも 鍋振る
5.フタをしてフタを押さえながら、少し強めに鍋をふります。
6.じゃがいもの表面が白く粉をふく感じになったら火を止める。
7.塩を振りかける。(少し塩を入れたところで子ども用に取り分ける)



ゴックン期とは、5ヶ月~6ヶ月まで  モグモグ期とは、7ヶ月~8ヶ月まで
カミカミ期とは、9ヶ月~1歳まで    パクパク期とは、1歳~1歳半まで
幼児期前半とは、1歳半~2歳まで  幼児期後半とは、3歳~6歳の事をさします。



 
ゴックン期は、じゃがいもの裏ごし
粉吹きいも ゴックン

材料
(子ども1人分)   
じゃがいも …30g
お湯 …適量 
調理器具 …裏ごし器セット

作り方 
1. 大人の作り方3まで一緒。じゃがいもを取り分けます。
2.裏ごしして、お湯を混ぜ食べやすい軟らかさにする。



モグモグ・カミカミ期は、じゃがいものすりつぶし
粉吹きいもモグモグ

材料(子ども1人分)    
じゃがいも …20g~30
お湯 …適量
調理器具 …すり鉢、すりこぎ

作り方
1. 大人の作り方3まで一緒。じゃがいもを取り分けます。
2.すり鉢に入れて、すりこぎでつぶして、お湯を混ぜ食べやすい固さにする。



 パクパク期・幼児期は、粉ふき芋
    *幼児さんも大人とは別々に作る場合はこの手順
粉吹きいも カミカミから
材料(大人2人分) 
じゃがいも …30g~60g
塩 …極少々

作り方
1. 大人と同じ手順で作り、塩を極少量かけたところで取り分ける

*幼児期も、塩を少なめにしてあげてください。




*味付けに関して
赤ちゃんと子どもの調味料のぺージを参考にしてください。

注意:取り分けメニューに書いてある進め方や量は、あくまで目安です。お子さんの月齢・体調・成長を見て与えてくださいね



離乳食の取り分けの仕方

離乳食を取り分ける事ができたら・・・
とっても便利で楽チンですよね
私の家で実際に行った、『大人のメニューから取り分ける赤ちゃん・幼児さんのメニュー
を紹介します。

離乳食を作る方法は、3種類あります。

 
初めから、大人用、子ども用に分けて作る。
  →全く別鍋で作るという事です。

 
大人の鍋から取り分けて作る。
  →途中まで大人と同じ鍋で作るということです。

 
大人の食べ物を薄める。
  →大人と同じ鍋で作るということです。


例えば、『にんじんと大根と豆腐』のお味噌汁を作るとします。

①の場合は、

1.にんじん、大根、豆腐を大人用と各月齢用に切る。
2.それぞれに別の鍋を用意して、別々に調理する。

の場合は、
1.味付けしていないだしに大人用に切った、にんじんと大根を入れて
 煮る。
2.軟らかくなったら、豆腐を入れてさらに煮る。
3.味付けをしない月齢(ゴックン、モグモグ)は取り分け裏ごし、又はみ
 じん切り。
4.子ども用に取り分けて各月齢用に切る。(カミカミ期以降)
5.4を別の小鍋に入れて風味程度の少し味噌を入れる。
6.大人用には、分量の味噌を溶く。
⇒又は4.5をぬかして6に少量味噌を入れて子どもの分だけ取り分け
 る。

③の場合は
、②の
をだしか湯ざましで薄める方法です。


 どれでも、お母さんのしやすい方にしてください。
しかしながら、離乳食を始めたばっかりの時は、食べられる食品が限られていますので、どうしても①か②になります。また、私の意見ですが、濃い味付けにならないためにも、①②で作るように心掛けた方が良いと思います。
例のように野菜や豆腐だけでお味噌汁を作るなら、月齢が低くても、大人の分と一緒に湯がいても大丈夫ですね。月齢が上がるごとに、大人用と一緒に調理し、薄めることも可能になりますよ。

それから『みりん・酒』は、赤ちゃんや子どもにはきつい調味料です。
ですので私の家は子どもが小さい時は極力この2つを料理に使わない事に決めました。ですので、台所にはこの2つの調味料はありません。

今から紹介するレシピは、大人も『みりん・酒』を使わない前提のレシピです。どうしても使いたい方は、子ども用に取り分けた後に、追加してくださいね

レシピ参考に、アレンジして、食卓を華やかにしてくださいね


離乳食・果菜類の扱い方【基本調理法】

果菜類とは、かぼちゃ、なす、トマト、オクラのようなお野菜のことです。
果菜類はお湯(沸騰しただし)からゆがきますよ。


果菜類
(かぼちゃ、冬瓜など )
例)かぼちゃ
1.鍋に水(だし)を入れ沸騰させ、果菜を入れます
かぼちゃ煮方
2.中火~強火で軟らかくなるまで煮ます。

*1歳になるまで緑色の皮はむきます。
*味を付ける場合は、①で調味料を入れます。
*(大人は)かぼちゃを面取りすると荷崩れしにくいですよ
かぼちゃ面取り


なすの場合
1. 鍋に水(だし)を入れ沸騰させ、なすを入れる。

2. 中火~弱火で適度な軟らかさまで煮ます。
1歳までは、皮をむく。
*味を付ける場合は、①で調味料を入れます。


オクラの場合
1.鍋に水(だし)を入れ沸騰させた中に、果菜を入れ中火~弱火で適度な軟らかさまで煮ます。
2. オクラは水にとり、粗熱を取ってから水切りします。
P1010004
*味を付ける場合は、①で調味料を入れます

1歳未満は、オクラ・トマトなど種のあるものは種を取ります
オクラ種抜き
タネが消化しにくいため、消化器官に負担をかけるためです。

離乳食・根菜類の扱い方【基本調理法】

離乳食によく使われる根菜類。根菜類とはにんじん、大根などです。
根菜類は、水(冷たいだし)から煮込みますよ。


根菜類
(にんじん、大根など)
例)大根
1.鍋に水(だし)と根菜を入れ、火を付けます。(強火)
2.沸騰したら中火~強火で軟らかくなるまで湯がきます。
*味を付ける場合は、②の途中、軟らかくなってきたら調味料を入れます。


















離乳食でよく使う切り方【基本調理法】

離乳食で良く使う切り方があります。
その切り方をマスターすれば、離乳食づくりも簡単です
簡単な切り方ばかりなので、料理が苦手な方もすぐにできるようになりますよ
にんじんを見本にしてみますね。


みじん切り…モグモグ期に良く使います
にんじん切り方1
1.にんじんを縦に薄く切ります。
2.1を更に縦に細長く切ります。
3.2を小さく刻んでいきます。
4.更に小さくしたい場合は、包丁で刻んでいきます。


5mm角に切る…カミカミ期に良く使います
にんじん切り方2
1.にんじんを縦に5mmの幅で切ります。
2.1を更に縦に5mmの長さに切ります。
3.横にして、更に5mm幅で切ります。


1cm角に切る…パクパク期に良く使います
にんじん切り方3
1.にんじんを縦に1cmの幅で切ります。
2.1を更に縦に1cmの長さに切ります。
3.横にして、更に1cm幅で切ります。


スッティック状に切る…カミカミ期以降に良く使います
にんじん切り方4
1.にんじんを縦に5mm~1cmの幅で切ります。
2.1を更に縦に5mm~1cmの長さに切ります。


乱切り…パクパク期以降に良く使います
にんじん乱切り
1.にんじんを回しながら斜めに包丁を入れていきます。


千切り…カミカミ期以降に使います。
にんじん切り方4
1.にんじんを縦に薄く切ります。
2.1を更に縦に細長く切ります。


すりおろす…ゴックン期~使います。
にんじんする下ろし
1.下ろし金でにんじんをすりおろします。




パクパク期になると、クッキーの型などで形を取るのもいい方法ですね。
にんじん切り方6
かわいい野菜に大変身するので、苦手な野菜も楽しく食べられますね

離乳食・野菜の種類【基本調理法】

料理をする前に、まずその食材の特徴を知ると、料理しやすくなりますよ。
例えば、野菜一つとっても、かぼちゃとほうれん草では形が全く異なります。そうすると調理方法が違いますよね。 なので、その食材の特徴と、適した調理方法を知っていると便利なんですね。
野菜には、どんな種類の野菜があるでしょうかチョット見てみましょうね


野菜の種類


根菜類
…土の中でできる野菜のこと。
にんじん、大根、れんこん、ごぼうなど。 
 素材 にんじん


果菜
…花を咲かせ実を実らせる野菜のこと。
かぼちゃ、冬瓜、キュウリ、なすび、トマト、ピーマン、オクラなど
素材 かぼちゃ素材 トマト素材 なすび


葉菜類
…その葉っぱを食材として使う野菜のこと。
玉ねぎ、ねぎ、ほうれん草、小松菜、チンゲン菜、白菜、キャベツ、レタス、にら、春菊、水菜など。
素材 にら



茎菜類
…その茎を食材として使う野菜のこと。
アスパラ、たけのこ、生姜、ニンニク、ユリネ、らっきょうなど


*茎菜類は離乳食には使わない食材が多いです。幼児食になると徐々に使います。


野菜ってこんな風に分類されるんだって思いますね。次は、野菜の調理方法を見てみましょう。

離乳食後期 かぼちゃのおみそ汁【離乳食レシピ122日目3回目】

娘、あ~やの離乳食日記

離乳食レシピ122日目3回目
(9ヶ月・カミカミ期)
カミカミ期からは味付けを始めます。
使う調味料はしょう油と味噌だけ。量はほんのちょっとだけね。


3回目

6月26日3回目
5倍かゆ
かぼちゃのおみそ汁
かぼちゃ、ブロッコリー、味噌
しらすと豆腐
しらす、豆腐、しょう油、水溶き片栗粉


かぼちゃのおみそ汁の作り方
1.かぼちゃは皮をむきます。今回はあらかじめ最初から食べやすい大きさに切りました。
2.かつお昆布だしが沸騰したらかぼちゃ、ブロッコリーを入れ軟らかく煮ます。
3.お味噌を極少量入れます。

しらすと豆腐の作り方
1.沸騰したお湯の中にしらすを入れ塩抜きします。
2.かつお昆布だしが沸騰したら豆腐としらすを入れます。
3.豆腐を軽く潰ししょう油を入れ、片栗粉でとろみをつけます。



*味付けに関して
  
赤ちゃんと子どもの調味料のぺージを参考にしてください。




今日身体測定しました
先月は1カ月で1キロも増えたので、このままじゃおデブまっしぐらやんって感じやったんですが・・・。ってか、すでにおデブだけど・・・

という母の思いが通じたのか今月は200g増でした。
良かった・・・                           


2009年6月26日


離乳食後期 牛肉と野菜のあんかけがゆ【離乳食レシピ122日目2回目】

娘、あ~やの離乳食日記

離乳食レシピ122日目2回目
(9ヶ月・後期)
後期からは味付けを始めます。
使う調味料はしょう油と味噌だけ。量はほんのちょっとだけね。


2回目
6月26日2回目
牛肉と野菜のあんかけがゆ
5倍かゆ、牛肉、玉ねぎ、もやし、にら、しょう油、水溶き片栗粉


牛肉と野菜のあんかけがゆ
の作り方
1.牛肉は沸騰したお湯に入れて油抜きし切ります。
2.かつお昆布だしに玉ねぎを入れて煮ます。
3.沸騰したらもやし、にらを入れて煮ます。
4.取り出して食べやすい大きさに切ります(5mmくらいかな)
5.少量のだし・牛肉・しょう油(極少量)と一緒に再び鍋へ。
6.片栗粉でとろみを付けておかゆに混ぜます。


初の牛肉ですギュウギュウ
赤身を使いましたが、初めてだったので、念のため、湯通しして脂抜きをしました。
(用心しすぎかもしれませんが)
そして、初めての食品なので、小さじ1だけ使いました。

めちゃめちゃ食べました。
初めは、スプーンを持っていくと『プイッ』と横を向いたけど、一口食べたらパクパクパクパク
好みが出てきたんかな

片栗粉が残り僅かになってしまいましたこれはまずい
わかっていたのに、スーパーに行ったときに買い忘れました
私の離乳食作りの強い味方なのに



2009年6月26日


離乳食インストラクタ協会HP
podhaishin
お仕事のご依頼はコチラから
podhaishin
離乳食インストラクター協会1・2級講座日程
毎回満員御礼!! podhaishin
ポッドキャスト配信スタート
podhaishin
ライン@
インスタグラム
フェイスブック
知りたいキーワードで検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中田 馨

スポンサードリンク