大人の料理からの簡単取り分け離乳食レシピ
鍋焼きうどん

うどん。日本人が大好きな麺ですね今日はそのうどんを赤ちゃんも食べられる材料を使って
鍋焼きうどんにします。うどんはモグモグ期から食べられます。
鍋焼きうどん 完成



大人用の作り方
鍋焼きうどん 大人
材料
(2人分)
うどん …2玉
玉ねぎ …1/2個
ニラ …1/3束
鶏ムネ肉 …100g
卵 …1個
ダシ …600㏄
A 薄口しょう油 …大さじ1
きび
砂糖 …大さじ1
塩 …小さじ1
*幼児サンから取り分けOKなメニューです
きび砂糖の代わりに、みりんを入れてもかまいませんが、子どもに取り分けでき無くなるので我が家のうどんは基本的にきび砂糖を使っています。大人用から取り分ける場合は、幼児期以降。
大人の2倍~4倍の薄味が理想ですが、毎回測るのは難しいですね。
目安としては、うどんだしを2~4倍のダシで薄める感じでしょうか。年齢やお子さんの成長によって薄めてあげましょう。

調理器具
小鍋、鍋焼き用小鍋2個
  
作り方
1. 野菜と鶏肉を矢部安い大きさに切ります。
2.だしに玉ねぎ、鶏肉Aを入れて煮ます。
3.2を鍋焼き用小鍋に分けます。
4.うどんを入れ、沸騰したら卵を割り入れニラを入れます。




ゴックン期とは、5ヶ月~6ヶ月まで  モグモグ期とは、7ヶ月~8ヶ月まで
カミカミ期とは、9ヶ月~1歳まで    パクパク期とは、1歳~1歳半まで
幼児期前半とは、1歳半~2歳まで  幼児期後半とは、3歳~6歳の事をさします。



モグモグ期は、鶏と黄身のうどん
*全卵と鶏ムネ肉は8ヶ月になってから。(ささみは7ヶ月~OK)
鍋焼きうどん モグモグ
材料(子ども1人分)
うどん …50g
鶏ムネ肉 …10g
黄身 …1/2
玉ねぎ、にら …合わせて25g
だし …200cc
片栗粉 …小さじ1
水 …小さじ1
調理器具 …小鍋

作り方
1.固ゆで卵を作ります(16分以上湯でる)
2.うどん、玉ねぎ、ニラ、鶏ムネ肉をみじん切りにします。
3.だしにうどん、玉ねぎ、鶏ムネ肉を入れて煮込みます。
4.火が通ったらニラを入れて水溶き片栗粉でとろみをつけます。
5.お皿に盛って黄身を添えます。



カミカミ期~幼児期は、鶏の煮込みうどん
 *幼児さんも大人とは別々に作る場合はこの手順
鍋焼きうどん カミ
材料
(子ども1人分)
うどん …50g~1玉
鶏ムネ肉 …15~30g
卵 …1/2~1個
玉ねぎ、にら …合わせて30g~60g
だし …300cc
A 薄口しょう油 …小さじ1/6(カミカミ期)~小さじ1(幼児期後半)
きび砂糖 …小さじ1/6(カミカミ期)~小さじ1(幼児期後半)
*月齢に合わせて味付けする。
 赤ちゃんと子どもの調味料のぺージを参考にしてください。

調理器具 …小鍋

作り方
1.1歳になるまでは固ゆで卵を作ります(16分以上湯でる)。1歳過ぎたら半熟でもかまいませんがアレルギーが心配ならしっかり火を通した方が良いでしょう。
2.うどん、玉ねぎ、ニラ、鶏ムネ肉を食べやすい大きさに切ります。
3.だしにうどん、玉ねぎ、鶏ムネ肉、Aを入れて煮込みます。
4.火が通ったらニラを入れます。
5.お皿に盛って、卵を添えます。




*味付けに関して
赤ちゃんと子どもの調味料のぺージを参考にしてください。

注意:取り分けメニューに書いてある進め方や量は、あくまで目安です。お子さんの月齢・体調・成長を見て与えてくださいね