『この食材はいつから食べられるんだろう?』『この食材の調理方法はどうすればいいんだろう?』ってわからないですよね。このページでは、たくさんたくさんある食材を、一つ一つ解説していこうと思います

                

食材ごとの調理テクニック


今回の食材は、 です
調理法 鮭


旬の鮭は脂がのって本当に美味しいですよね。赤身魚と思われがちの鮭ですが実は・・・白身魚なのです。w私も結構最近知りました。しかし、離乳食では赤身魚として扱われることが多いのでここでも赤身の魚として扱うことにします。赤ちゃんや子どもに使う鮭は、【生鮭】を使うようにしてくださいね(#^.^#)


っていつから食べられる?? 
・・・ 中期から
どんな栄養があるの??
・・・ ビタミンD、リン、カルシウムが含まれる。
離乳食に使うときに気をつけることは?? 
・・・ よく煮込んでトロトロにして食べやすくしましょう。骨に注意!


                

では、実際に調理してみましょう

1.食べる分だけ切り分けます。
2.小鍋にお湯を沸かし、鮭を入れ煮ます。
調理法 鮭 (2)


3.できたら器に盛りましょう。

                

各月齢の大きさは以下のような感じです。
あくまで安です。これより早くに大きくすることは望ましくありませんが、ゆっくりなのは問題ありません。その子その子の成長に合わせましょう。
離乳食のうちは味付けしなくてもいいかな。おだしの味で十分美味しいですよ(#^.^#)
味付けするなら後期(9ヶ月)以降、風味程度のしょう油と味噌を1・2滴を目安にしてみてね。


期(7か月~9ヶ月) みじん切り
調理法 鮭 (6)

後期(9か月~1歳) 5mmくらい
調理法 鮭 (5)


  
完了期以降 (1歳以降) 1cm
調理法 鮭 (4)



                

こんな調理方法もあるよ

水溶き片栗粉でとろみをつける
調理法 鮭 (11)



1.ほぐした鮭を水、又はだし(100cc程度)の中に入れて湯がきます。
調理法 鮭 (8)


2.水溶き片栗粉(水と片栗粉を小さじ1ずつ)でとろみをつけます。
調理法 鮭 (10)



グリルで焼く
調理法 鮭 (12)
煮込んだ鮭になれたら、グリルで焼くのもOKですね。
味付けは、塩を極少々。なくてもOK
調理法 鮭 (7)


基本はこんな感じです。これを広げていろいろな食材と混ぜ合わせてを使ってみてください。
お子さんの食べやすい方法を見つけて調理してあげてくださいね