一般社団法人
離乳食インストラクター養成講座 
外部講師紹介

離乳食インストラクター協会では、代表理事の中田馨以外に、外部粗講師をお呼びして、受講生を全面バックアップしています。


中田馨
(なかた かおり) 
離乳食_(1)
離乳食インストラクター協会代表理事
中田家庭保育所施設長(認可保育所)
保育士、幼稚園教諭2種、調理師、フードコーディネーター3級
1男1女の母。息子が離乳食を全く食べてくれないことで悩み、離乳食に興味を持つ。
娘の離乳食開始と同時にブログを開設。7年間毎日更新中。
月間最高24万PV Facebookは2万4千いいね!
東京/兵庫/名古屋を中心に離乳食講座を開催中。毎回満席の人気講座。
クックパッドベビーで月8本の離乳食記事、動画記事連載中  
主婦と生活社コミックエッセー「赤ちゃんといっしょ」監修 
カルチャー教室講師 学校/幼稚園食育講師


●1日目の講師
高澤敦子 Atsuko Takazawa
14137923_1075302105888529_399115231_n
■profile
高澤 敦子(たかざわあつこ)
ヤマヒコ株式会社
食育インストラクター、昆布スペシャリスト
息子2人
創業113年老舗昆布屋5代目の嫁
嫁に来てから、昆布について学び、昆布の味のすばらしさや自分たちの持つ大切な日本文化としての“昆布“”だし“の重要性に気づく。そして、その”うまみ“が子どもたちの大切な味覚の発達に貢献し、安心できる食生活や丈夫な体作りに役立つことを実感してきた。そこで、この日本の伝統食材のすばらしさをもっと多くの人に伝えたいと願い、2012年より離乳食講座を開講。他にも利き昆布講座や、地元中学校からの依頼で、中学生向けの講座なども行っている。現在までに東三河を中心に全国各地で離乳食だし講座を中心に45講座以上開講、受講者は延べ800人を超えており、昆布を使っただしの普及に努めている。
また、自身の経験から離乳食期に特化した“離乳食昆布“を商品化。計量しやすく、だしもよく出る形状にカットした昆布と使用方法、メニューレシピをセットにし、初心者でも簡単に使えるようにした。これによって、離乳食期にありがちな”食べない“子どもたちが、 “パクパク食べるようになった”と感謝の声が多数届いている。
SNSで昆布が身近なものになるよう昆布レシピを日々紹介している。
<ヤマヒコ株式会社>
http://www.yamahiko-konbu.com/home.html




●2日目の講師
四方 徹 よも とおる
14151888_1067670426661072_1318806909_o

大手金融系企業でのシステム開発を得て、大手商社にて人事、企画部門で累計3000名以上のイベントに参画。 現在は、少人数制で初心者でも分かる起業塾や facebookの活用講座、互いの成長を目指すコミュニティや各種勉強会を開催しています。特に、最近は、セミナー撮影、個人のプロモーション撮影・編集・企画等に力を入れています。
子供時代は、厳しい父親の元で育てられるも年齢差が40歳以上あることで親子のコミュニケーションに悩み、20歳を超えても敬語で話すほどでした。29歳で父親の会社を継ぐも、代表就任後2ヶ月でトラブルに巻き込まれ会社が倒産しました。そこから、新会社を設立し、介護ビジネスをスタートするが、収益が見込めず1年で撤退、借金が残り、夫婦間の溝がさらに深まり離婚に至る。その後、映画シークレットに出ていたドクタージョンディマティーニのもとで学び、ファシリテータ取得後、徹底的に心理学、脳科学、マーケティングを学び、セミナーやコンサルティングを展開しています。



●3日目の講師
牧 香奈子