一般社団法人 離乳食インストラクター協会がお届けする
ママと赤ちゃんへ!食べ物と子育てのお役立ち情報満載ニュース!!
離乳食インストラクターニュース
離乳食インストラクター協会には、様々な個性と特技を持ったインストラクターがいます。そんな彼女たちの、ママと赤ちゃんのお役立ち情報を、食にこだわらず毎週紹介します!



こどものおやつについて

 
Fotolia_39835537_XS


毎日暑い日が続きますが体調は皆さん大丈夫でしょうか?

日頃から食事やおやつから栄養をとり、暑さに負けない身体つくりを心がけてあげたいですね♪

今回は、おやつの役割や取り方について書いてみました♪

 

・おやつの役割とは??

 

おやつと聞くと私たちは甘いものとおいしいコーヒーというイメージを抱く方は多いのではないかなと思います。

甘いものを食べてリフレッシュといったところでしょうか?でも、こどもにとってのおやつは私たち大人とは少し役割が違うんですね。

小さな子どもの胃はまだ小さく、消化機能も発達の途中!13回の食事だけでは必要な栄養が取り切れない場合

がほとんどなんです。それを補うのが「第4回目、5回目の食事」としてのおやつです。

こどもにとっておやつとは栄養補給と水分補給 なんですね♪

 

おやつ=お菓子ではないということを忘れずにいてあげてください

1歳ごろになるともうほとんどの栄養が食事からになります。

なので、この時期くらいからおやつが必要になってきます。市販のおやつをみると5,6カ月からと書いてあるものもありますがおやつの意味を考えると選ぶ基準なども変わってくると思います。

 

・おやつの選び方

 

成長するにつれて、おやつの内容も少しずつ変わってきます。同じ年齢であっても食べる量には

個人差がありますので、その子にあったおやつを選んであげましょう。

 

1歳半くらいまで

しっかり食事を食べられないこともあるので栄養補給ができるものを選びましょう。

 

1歳半~2歳代

運動慮が増えるので、腹持ちのよいおやつがおすすめです

 

3歳くらい

おやつは1日1回が目安に食事に影響が出ない程度にしましょう。

 

1~2歳のこどもが1日に必要な摂取カロリーは1000Kcal~1200kcal

その中でおやつとして与える目安は約100kcal~180Kcal

意外と少ないですよね?

量をたくさん与えすぎたり、時間を決めずにだらだら食べさせていると食事の時間におなかが空きません。

おやつは時間と量を守る事が大切です!

 

ただ、手作りが安心ですがやはり大変ですよね。

市販のお菓子も上手に利用してあげるといいと思います。

でも、塩分の過剰摂取や味覚や嗜好の発達に影響があるので

与えすぎには十分注意してあげてくださいね

 

・原材料名を確認

・できるだけ知らない食品が入っている場合は避ける

・甘すぎない、塩からすぎない、油っこ過ぎないものを選ぶ

・ママが選んであげる

 

 

簡単米粉のきな粉クッキー

IMG_4098
 

<材料>

・米粉 30g

・きなこ 15g

・片栗粉 5g

・きび砂糖または黒糖 5g

・豆乳または牛乳 20g

・菜種油またはごま油 15g

 

<作り方>

オーブンを160度に余熱しておく

 

1.豆乳または牛乳以外の材料をすべてボールに入れる

2.豆乳または牛乳を少しずつ入れてまとまってきたところでストップ

3.生地をひとつに丸めて伸ばす2~3mm程度

4.包丁などで小さく切る クッキー型でもOK

5.オーブンで15~20分ほど焼く

 

オーブンによって火のとおりは違うので調整してください。

 

 

 



 


この記事を書いた人

安木 知沙(やすぎ ちさ)
安木知沙

*離乳食インストラクター
*管理栄養士
*フードスペシャリスト
離乳食.食育教室
おやつ教室開催
高校時代は陸上一色!全国高校駅伝3位入賞を果たす。その陸上生活の中で栄養の大切さを知り管理栄養士過程に進学。前職では、病院、事業所給食に携わる。
不妊治療を経て2人の娘を授かる。
私自身、長女の離乳食でたくさん悩み、次女の出産の時に改めて勉強しようと思い出会ったのが「和の離乳食」でした。
現在2人の娘(3歳と1歳)を持つママとして、「天然だし」でつくるごはんのおいしさや食の大切さを伝えたい!
毎日の食卓と生活をたのしくする
おもわずニコッとなるようなちょっとの工夫をお伝えします!!
育児や離乳食に悩むママと赤ちゃんの心と笑顔を育む力になりたいと思い活動中♡
◆ママ管理栄養士が伝える五感を育むはじめのいっぽ離乳食 http://s.ameblo.jp/nico2kitchen



安木知沙がメール相談の講師です!
離乳食インストラクター協会1・2級通信講座詳細
↓  ↓ こちらをクリック ↓  ↓
podhaishin