こんにちは!離乳食インストラクターの中田です。
今日は、中秋の名月ですね。
ですが。今のところ兵庫県は雨模様。

夜にはお月さまが見れるかな?


お団子は。カミカミできるし美味しいし、
とってもいいおやつなのですが。
離乳食期には避けたいおやつ。
それは、弾力があるから。


このおやつも、団子個ほど弾力はないものの、
少し弾力があるので、奥歯でしっかり噛めるようになってからのおやつ。
保育所では2歳半ごろからを目安に与えます。
与えるときは、この団子を年齢に合わせて1/8~1/4に切りますね。


いつもの白玉団子ではなく
こんなお団子もいいですね!


かぼちゃ団子
DSCN9311
少し多めに作りますよ。
材料は、

かぼちゃ 80g 
小麦粉 50g 
牛乳 30ml 
あずき(水煮) 10g

・かぼちゃ、皮ワタを取り除き、蒸しやすい大きさに切る

・牛乳を沸かし冷やしておく

1.かぼちゃを10分蒸す。つぶして小麦粉と混ぜ合わせる
(まとまりが悪い場合は、水や小麦粉を場合によって加える)

2.鍋に湯を多めに沸かし、1を団子状に形作り湯がく。浮かんだら取り出し湯切りする。

3.2を牛乳の中に入れる。



粉が多くなるほど弾力が強くなります。
お子さんの発達に合わせて粉の分量を調節してみてくださいね。




離乳食だけじゃなく
家族の食事づくりのコツも学べます!
離乳食インストラクター協会2級講座を受けると
●離乳食を悩まず作れるようになる
●時短につながる作り方が分かります
●調理のコツが分かる
●赤ちゃんがよく食べるようになる
●離乳食作りに自信を持てる
●離乳食作りが楽しくなる
●だしを使った和の離乳食が作れるようになる
●少人数制なので講師にすぐ質問できる
●他の参加者さんと育児の交流ができる
●離乳食の専門知識が身につく
≫お申し込みはコチラ