こんにちは!
離乳食インストラクターの中田馨です。



我が家は、どんだけ時間がなくても
汁ものを食卓に出します。
それはなぜか?
というと、心がほっこりするからです。


汁ものと言っても99%『味噌汁』なんですけどね。
6900607E-15C4-4A2D-845F-5FD43E0FAA4B
かつお昆布だしで作った
にんじんとなすと小松菜の味噌汁
彩りキレイで食欲をそそります。


離乳食に取り分けする場合。
にんじん、なす、小松菜は離乳食初期から食べられます。
かつお昆布だしは離乳食中期から。

・初期は昆布だしで野菜を煮て裏ごし
・中期以降は、大人の味付け前に取り出して月齢に合わせて切って煮汁で再加熱。後期完了期は味噌で風味付け。



つづいて
0292CB66-EE16-46E6-88F2-C63FB57C9943
煮干しだしで作った
大根とシイタケとほうれん草の味噌汁


離乳食に取り分けする場合。
大根、ほうれん草は離乳食初期から食べられます。
煮干し昆布だしとしいたけは離乳食後期から。

・初期は昆布だしで野菜を煮て裏ごし
・中期は昆布だし又はかつお昆布だしで野菜を煮てみじん切りして煮汁で再加熱。

・後期以降は、大人の味付け前に取り出して月齢に合わせて切って煮汁で再加熱。味噌で風味付け。



こんな感じで。
汁ものは取り分け離乳食で活用しやすいので、
是非とも作ってみてください!





汁もので、
私が一番好きなのは
坦々麺
91DE632B-ADFA-4425-AB07-A25BF37520E0
これは、近所のみやこ一貫楼さんの美味しい美味しい担々麺。
はまってます。めっちゃ。めっちゃ。






2019年10月に発売された私の新刊
『いっぺんに作るあかちゃんと大人のごはん』(誠文堂新光社)
は、取り分け離乳食の本です。

83260936_1435972853240712_6184701250668331008_o