ものすごく。
ものすごく。
個人的な話。


昔。
私、演劇をしていました。
まあまあ、本気で5年ほど。



20歳の頃。
シナリオなしの『winter oranges』という映画に参加しました。


その時、大変、お世話になった、諏訪敦彦監督が、演劇、映画、ライブハウスなどの芸術の「文化芸術復興基金」創設のためにTVに出ていました。


しばらく、仲間と一緒に会ったり、年賀状のやり取りなどさせてもらっていたんだけど。演劇をやめてから、疎遠になっていたので。懐かしくてググってみると。


最新作『風の電話』は、1作目の『2/デュオ』主演の西島秀俊さん、2作目『M/OTHER』主演の三浦友和さんが出演。


ああ、すごいなああ。ほんますごいなあ!諏訪さん!

東京藝術大学の教授だから諏訪さんなんて、軽々しく言えませんが(笑)



そして、今も変わらず、シナリオなしの映画を撮っていることも分かり。
自分の信念をもって、続けることの大切さを学ばせてもらいました。



なんか。イロイロ、目が覚めた気分です。





久々に、演劇や映画などの芸術に触れたくなってきた。
だから、まずは『風の電話』を観てみよう。