離乳食インストラクター中田馨の“和の離乳食レシピ”blog

離乳食・幼児食レシピ2500突破‼︎一般社団法人離乳食インストラクター協会代表理事で中田家庭保育所施設長の中田馨が教える“和の離乳食”レシピブログ。かつおと昆布から作る“和の離乳食”は、五感を刺激し子どもの舌を育て、心と身体を幸せにします。カンタンで美味しい離乳食・幼児食レシピをお届けします!
離乳食インストラクター協会®と離乳食インストラクター協会ロゴマーク®は商標登録です

> ▼行事離乳食

▼行事離乳食

大豆のごはん【節分メニュー】

節分メニュー

2017年2月3日 (1)
大豆のごはん
離乳食後期くらいの赤ちゃんから。


<材料>
米と蒸し大豆と昆布


赤ちゃんの成長に合わせた
分量の米と水に、10%程度の薄皮をむいた蒸し大豆、昆布を入れて一緒に炊きます
ただそれだけ!


いつものごはんが
大豆で美味しくなりますよ(#^.^#)


赤ちゃんはまだ節分の豆が食べられないので、
料理に大豆を加えてみましょうね(#^.^#)!!


節分・赤ちゃんが豆まきで気を付けることはある??

今日は節分ですね!
節分といえば、豆まきです。
image
はい。これ私です。
やる気満々です(#^.^#)♡



赤ちゃんと一緒に豆まきをするときの注意点って何でしょうか?


豆を誤嚥してしまうこと


これが一番かもしれませんね。
なので、おうちの中で豆まきをするときは、要注意です。


・まく豆の数を数える
・後で赤ちゃんが拾って食べないようにすべて回収する


でもこれってなかなか難しい・・・!
ですので私の保育所ではこうしています。
image
そう、ビニール袋に20粒くらい入れてひとまとめにする


それだけでまず、誤嚥することは防げて安心ですね!
もう一つ。

ビニール袋の数を数える。そして終わったら数を数えて回収。


この2点ですね。


もちろん、市販のもので、少量パックで売っているものもありますが、
あれは投げると痛いので。
袋の角がね・・・。


ということで、私はこんな方法をしています。
ぜひぜひ参考にしてくださいね!!


さあ、出陣ですぞ!!
image


松風焼き【おせち離乳食・幼児食2017年】

離乳食インストラクター中田馨の
おせち離乳食・幼児食2017年


松風焼き
2017年1月5日 (1)
<材料>

鶏ミンチ30 
玉ねぎ5 
1/4 
ゴマ少し 
青のり少し

<作り方> 

・玉ねぎ みじん切り

1.鶏ミンチ、玉ねぎ、卵を混ぜ合わせる

2.容器にいれて四角くかたどりオーブンで12分焼く

3.ゴマと青のりをふりかけて2分焼く

4.四角に切る



大人も美味しい松風焼きです(#^.^#)!
少し味付けしたい場合は味噌を入れてみてくださいね。

 

じゃがいもと団子のお雑煮【おせち離乳食・幼児食2017年】

離乳食インストラクター中田馨の
おせち離乳食・幼児食
2017年


じゃがいもと団子のお雑煮

2017年1月5日 (3)
*1歳半以降のお子さんにどうぞ!

<材料>
だし300 
じゃがいも20 
ほうれん草少し 
大根5 
にんじん5 
片栗粉小さじ1

<作り方>

・じゃがいも すりおろす + 片栗粉と混ぜる

・ほうれん草 下茹で1cm 

・にんじん 花形

・大根 イチョウ切り

1.かつお昆布だしに、にんじん、大根⇒じゃがいもを小さい団子にして⇒ほうれん草の順に煮る

2.味噌極少しで風味づけ



じゃがいものお団子。
モチモチしているので、食べる時は気をつけてくださいね!
必ず大人がそばいいてください!


みかんdeなます【おせち離乳食・幼児食2017年】

離乳食インストラクター中田馨の
おせち離乳食・幼児食
2017年


みかんdeなます

image

<材料>
にんじん10 
大根10 
みかん果汁大さじ1 
酢小1/4 
しょう油極少し 
すりごま大1

<作り方>

・にんじん、大根 3cm千切り

・みかん 果汁を絞る

・みかん果汁、酢、しょう油を合わせる

1.にんじん大根をゆがきます

2.しっかり水切りする

3.材料すべて合わせる



みかん果汁で
なます風に(#^.^#)

酢が苦手じゃなければ
量を調節して多くしてもOKです!!

離乳食インストラクタ協会HP
podhaishin
お仕事の依頼はコチラ
podhaishin <ライティングの実績>
2015年1月からクックパッド/クックパッドbabyで、月8本以上のニュース記事を連載中
離乳食インストラクター協会1・2級講座日程
毎回満員御礼!! podhaishin
ポッドキャスト配信スタート
podhaishin
フェイスブック
知りたいキーワードで検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
スポンサードリンク