赤ちゃんからはじめる和食育☆離乳食インストラクター中田馨の“和の離乳食レシピ”blog

離乳食は、離乳食初期、離乳食中期、離乳食後期、離乳食完了期の4つの時期に分かれています。「離乳食はいつから?」「離乳食の進め方のルールは?」「離乳食を時短で作るには?」。カンタンだけど美味しく赤ちゃんが喜ぶ離乳食を保育士歴20年以上の離乳食インストラクター中田馨がお伝えします。離乳食インストラクター協会®と離乳食インストラクター協会ロゴマーク®は商標登録です

> ▼行事離乳食

▼行事離乳食

七夕のミルク寒天ゼリー★七夕料理 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。
昨日は保育所で、七夕行事をしました。
今年の七夕おやつは

ミルク寒天のゼリーです
カンタンに美味しくできるのでお勧めです!



幼児さん用★七夕ミルクかんてんゼリー

1C15DA40-E052-4F1F-A30E-8B83CA774215

牛乳200ml
水100ml
バナナ10g 
キウイ10g 
みかん(缶)5g 
粉寒天2g 
きび砂糖4g  


・牛乳を常温に戻しておく。

・バナナ、キウイは1cm角。みかんはざるにシロップごとあげ、湯冷ましでシロップを洗い流す。

1.鍋に水と粉寒天を入れ、中火で加熱。沸騰したら弱火にして混ぜながら2~3分加熱して火を止める

2.きび砂糖を溶かして粗熱が取れたら牛乳を加えて混ぜる。

3.カップに2を入れ、みかんを入れ、冷蔵庫で固める。2を1/5平たい容器に流しいれ固め、星型にかたどる

4.ばなな、キウイ、みかん、星の寒天を盛る。


少し多めに作っていますので、ママも一緒に食べましょう!






【離乳食インストラクター養成講座5期生
2019年9月開講します!
2014年8月25日パクパクセミナー (6)
人生80年の食生活は離乳食から始まる!
心と身体に愛と幸せの<和の離乳食>をお届けします。
食べるだけで幸せになる<和の離乳食>を伝える人になりませんか?
離乳食インストラクター協会では、1年に約15~20名の離乳食インストラクターを養成しています。
*赤ちゃんの大切な食に関する学びのため、一度に何人も養成できず、限定の少人数制です。
お申込はこちらをクリック



幼児さん用の彩り五目チラシ寿司★七夕料理 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。
本日は7月5日。
金曜日ということで。
保育所では7月7日が日曜日なので今日、七夕をしました。


朝、子どもたちと一緒に花屋さんまで笹を買いに行き。
笹飾りをして
歌を歌って。


お買い物をしてきた、2歳児さんは
とっても得意げなお顔です。
「笹を買ってきてくれたんだね。ありがとう」
と言うと、興奮気味でした!
かわいいねええ。



今日の給食は
7BD835D2-6512-4795-8646-FDB8B171BE1B
チラシ寿司。
幼児さん味つけです。


彩り五目七夕ちらし
IMG_1818

ご飯 120g
かつお昆布だし 150ml 
しらす 10g  
枝豆 5g  
にんじん 10g 
パプリカ 5g 
乾燥ひじき(もどし)少々
A米酢 小さじ1/2
 きび砂糖 小さじ1/2
 かつお昆布だし 小さじ1

Bしょう油 小さじ1/3
 きび砂糖 小さじ1/3


・しらす 塩抜き

・枝豆 湯がいて1/4に切る

・にんじん、パプリカ 3㎝長さの千切り

・乾燥ひじき 水で戻す
・Aを鍋に入れて沸騰直前まで沸かす

1.だしに、にんじん⇒枝豆、パプリカ、ひじきを入れて煮る

2.Bで風味付けして煮汁が半分になるまで煮て、30分つけ置いた後、ザルで汁気を切る

3.炊けたごはんに、Aを2を混ぜこみ、上にしらすをのせる



酢飯は、お好みがあるので、苦手な場合は使わなくてもOK。
保育所でも、食べること食べない子に分かれました。
うちの子たちも、そういえば酢飯はかなり大きくなるまで苦手でした。

酢飯を食べる経験。
というのも、時には経験してもいですね。






講座を受けるなら今がお得!
5周年キャンペーン
人生80年の食事の土台作りを、離乳食からスタートしましょう!
離乳食インストラクター協会の通信講座が
5周年キャンペーンにつき最大12,960円割引です!
≫ 詳細とお申し込みはコチラです

主催:一般社団法人 離乳食インストラクター協会


端午の節句メニュー(2019年5月)

こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。


もうすぐ端午の節句ですね。
今日、スーパーに行ったら、菖蒲がありました。
柏餅と共に購入!
IMG_1421


元々は、奈良時代から続く行事といわれている5月5日「端午の節句」に、厄払いを目的として「菖蒲湯」に入っていたとのこと。
邪気などを祓う薬草とされていた菖蒲を、

・軒にさす
・お湯に入れる

などして無病息災を祈っていたそうです。
軒にさすんですね。初めて知りました!


「菖蒲(ショウブ)」は「勝負」や「尚武」に通じる。
葉の形が刀に似ている。

ということで、武を尊ぶ節句へと変化したそうです。



詳細はコチラのサイトをご覧ください!(引用先) ≫ウチコト



『健康になって頭もよくなるねんで』

っと、我が家も毎年入っています。



さて、今日は離乳食インストラクターの辻田美智子さんのメニューを紹介します


鯉のぼり芋もち


≫作り方はコチラ



楽しい端午の節句をお過ごしください!



――――――――――――――――――――――

<和の離乳食パクパクセミナーとは?>
離乳食の基礎を学んで、離乳食づくりがラクになる講座です!

詳細は、≫ 一般社団法人 離乳食インストラクター協会HPまで

――――――――――――――――――――――


大豆のきな粉和え<節分離乳食>


こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。
今日は、節分に赤ちゃんが食べられる「大豆」のデザート。


赤ちゃんは、まだ奥歯で噛み砕く力が弱いですね。
なので、福豆はまだ食べられません。
福豆を食べるとしたら。
年齢でいうと3歳以降。
3歳過ぎていても、奥歯で噛む力が弱ければもっと先でも構いません。
食べるときは


必ず大人がそばで食べ終わるまで見守りましょう



ということで。
完了期の赤ちゃん用の大豆のおやつです。


大豆のきな粉和え

節分
*写真は、2~3歳児用です

<材料>
さつまいも 25g 
大豆 25g 
きな粉 小1/2 
きび砂糖 小1/8 

<作り方>

1.さつまいもの皮をむき、1cm角に切って蒸す

2.大豆を湯がいて薄皮をむき1/2~1/4の大きさにする

3.1と2をボウルに入れてきび砂糖ときな粉を和える


これね。
ほんまに美味しかったですよ
自分で言っておきながらなんですが
普段のおやつにもどうぞ!



――――――――――――――――

2月17日の愛知県名古屋市の
離乳食講座最後の1名ですよ!
≫離乳食インストラクター協会2級講座

――――――――――――――――






 

ハロウィンのかぼちゃプリン 2018年保育所のハロウィン

今日はハロウィンですね~。


今日は、ハロウィンに赤ちゃんも一緒に食べられるデザートを紹介しますね🎃


寒天で作る
かぼちゃプリン
DSCN7764

今年の保育所のハロウィンは
かぼちゃプリンが作りたくて
卵なしで寒天を使ってチャレンジしてみました。


<材料>大人2名 赤ちゃん1名分

かぼちゃ 80g  
牛乳 120g 
粉寒天  2g 
きび砂糖 5g


<作り方>

・かぼちゃ、皮種ワタを取って蒸しやすい大きさに切る

1.かぼちゃを蒸す

2.ミキサーにかぼちゃと牛乳を入れて混ぜる

3.鍋に粉寒天、きび砂糖と一緒に入れて混ぜながらゆっくり温める。とろみが出てきたら火を止めて器に入れ冷蔵庫で冷やす

 


子どもたちの反応は?
大喜び!
おかわりもすっかりなくなりました(#^.^#)

かぼちゃがね
甘かったから
きび砂糖もいらないくらいでした。


大人もこのシンプルな甘さでいただきましょうね!





 

中田馨のライン@ 
ライン@

中田馨のInstagram

インスタグラム



和の離乳食もおやつも学べる
離乳食インストラクター協会2級講座と1級講座

パクパク感想だよ

まずは基本の和の離乳食講座
★離乳食インストラクター協会2級講座

次に和の離乳食の応用編と簡単おやつも学ぼう!
★離乳食インストラクター協会1級講座




離乳食インストラクタ協会HP
podhaishin
お仕事のご依頼はコチラから
podhaishin
離乳食インストラクター協会1・2級講座日程
毎回満員御礼!! podhaishin
ポッドキャスト配信スタート
podhaishin
ライン@
インスタグラム
フェイスブック
知りたいキーワードで検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中田 馨

スポンサードリンク