保育士・離乳食インストラクター中田馨の“和の離乳食レシピ”blog

離乳食は、離乳食初期、離乳食中期、離乳食後期、離乳食完了期の4つの時期に分かれています。「離乳食はいつから?」「離乳食の進め方のルールは?」「離乳食を時短で作るには?」。カンタンだけど美味しく赤ちゃんが喜ぶ離乳食を保育士歴20年以上の離乳食インストラクター中田馨がお伝えします。離乳食インストラクター協会®と離乳食インストラクター協会ロゴマーク®は商標登録です

> ▼メディア実績

▼メディア実績

【メディア掲載】Biz Hitsさんで「保育士に強い!おすすめの派遣会社ランキング」を監修させていただきました!

こんにちは!中田馨です!



先日、Biz Hitsさんからのご依頼で
保育士に強い!おすすめの派遣会社ランキング
biz hits

を監修をさせていただきました!


私が保育士になったころは「派遣会社」で保育士として働きに行くという選択肢がありませんでした。
保育園や幼稚園の就職試験を受け、保育士になるのが当たり前の時代。


保育士になった友人と会うと
「毎日帰宅が24時を過ぎる」
「先輩が厳しくてつらい」
「平日に休みが取れない」
などなど、悩みを打ち明けられたものです。


そんな友人の中には、
「もう、あんなハードなことをしたくない」
と、結婚と同時に保育士をきっぱりやめた子もいますし、
「ラクに働きたい」
と、派遣会社に登録している子もいます。


短大の仲間8名いますが。
保育園で正職員で働いているのは、私含めて2名だけ。


子どもと接することは大好き。
そしてやりがいがある。
でも、子どもと接する以外の仕事が多いのも保育士という職種です。


それ以外の仕事も「楽しい」と思える私のようなタイプはいいのですが、そうでなければ辛いと思います。
くわえて、人間関係がうまくいっていない場合は、更につらいでしょう。


派遣でも、正社員でも。
子どもにとっては同じ「先生」
どういう形で働くかは、自分の思いとライフスタイルに合わせればいいと思います。
今は、それができる時代ですから!


ということで、是非とも読んでください!!
こちらの記事を、
保育士に強い!おすすめの派遣会社ランキング



【育児コラム】★離乳食にマヨネーズは使える?代用品や手作り方法、マヨネーズを使った時期別レシピも紹介@小学館『Hagukum』

こんにちは!
離乳食インストラクターの中田馨です。


今回は小学館『Hagukum』で毎週連載させていただいているコラムを一挙紹介します!



★離乳食づくりに圧力鍋は便利!鍋の選び方から圧力鍋での離乳食の作り方までレクチャー



離乳食にグラタンはいつから?おすすめ具材や取り分け方法、ホワイトソースの簡単なレシピも



離乳食のコーンスープはいつからOK?市販品でおすすめは?簡単手作りレシピも!



離乳食にマヨネーズは使える?代用品や手作り方法、マヨネーズを使った時期別レシピも紹介



小学館さんでのコラムも、担当させてもらうのは、もう2年半たちます。
ちりも積もれば山となる。
です。
ここのサイトには、離乳食のことがたくさん掲載されていますよ!



離乳食インストラクター中田馨は、
朝日新聞出版社 AERA dot.
朝日新聞出版社 AERA with  Baby(雑誌)
小学館 Hagkum
ベビーカレンダーニュース
主婦と生活社 Baby-mo(雑誌)
他、企業さんからのご依頼を受けて、離乳食や育児に関するコラムを連載しています。


執筆のご依頼は、以下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【育児コラム】保育園で大人気なのはコレ!現役保育士がチョイスするテッパン絵本6選!@ベビーカレンダー

こんにちは。中田馨です。



長年育児コラムのライターをさせていただいている
ベビーカレンダーさんの、先日掲載されたこの記事が人気があったようです!



保育園で大人気なのはコレ!現役保育士がチョイスするテッパン絵本6選!



保育園で子どもたちに大人気! 1〜2歳児が喜ぶテッパンおもちゃ7選★




子どもが毎日楽しく過ごせるように
保育所では様々な遊びを先生たちが考えて用意しています。
今回は、市販のおもちゃと絵本を題材にさせてもらいました!


是非見てくださいね!



離乳食インストラクター中田馨は、
朝日新聞出版社 AERA dot.
朝日新聞出版社 AERA with  Baby(雑誌)
小学館 Hagkum
ベビーカレンダーニュース
主婦と生活社 Baby-mo(雑誌)
他、企業さんからのご依頼を受けて、離乳食や育児に関するコラムを連載しています。


執筆のご依頼は、以下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。



【離乳食コラム】SMART AGRYさんのご依頼で 「大人と赤ちゃんの料理を一度に作れる「取り分け離乳食」がかんたん便利! 」 という記事を書かせていただきました!

おはようございます!
離乳食インストラクターの中田馨です!



先日。
SMART AGRYさんのご依頼で
大人と赤ちゃんの料理を一度に作れる「取り分け離乳食」がかんたん便利!
という記事を書かせていただきました!



このご依頼の前提となっているのが
私の著書『いっぺんに作る赤ちゃんと大人のごはん』(誠文堂新光社)
『いっぺんに作る赤ちゃんと大人のごはん』原本
なんですね。
本にある内容+αでお話しさせていただいています。


なぜ私がこのテーマを大切にしているかというと
主催している離乳食教室でよくある悩みのひとつ
「離乳食を作るのが大変」
「ストックを作る時間がない」
というお悩み。

大人のごはんを作るついでに、同じ材料を使って離乳食を作っちゃおうよ!
取り分けたら、メッチャ簡単だし、節約だし、美味しいんだよ!

ということをお伝えしています。
ぜひ、読んでくださいね!






離乳食インストラクター中田馨は、
朝日新聞出版社 AERA dot.
朝日新聞出版社 AERA with  Baby(雑誌)
小学館 Hagkum
ベビーカレンダーニュース
主婦と生活社 Baby-mo(雑誌)
他、企業さんからのご依頼を受けて、離乳食や育児に関するコラムを連載しています。


執筆のご依頼は、以下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

Craudiaさんの『Crarepo』の監修をさせていただきました。

こんにちは。中田馨です。


クラウドソーシング型在宅ワーク・内職 支援サービス Craudiaさんの『Crarepo』の監修をさせていただきました。


テーマは、
『Crarepo』仕事と家庭を両立している兼業主婦の1日のスケジュールやメリット・デメリット 



スクリーンショット (20)



私は、20歳に保育士の学校を卒業して以来、保育士としてずっとフルタイムで働いてきました。結婚し、子どもが産まれてからもそれは変わらず続けています。


独身の時は、仕事が終われば後は自分の自由時間。
友達と遊んだり、習い事に行ったり、好きな映画を見たりと、有意義な時間を過ごしていました。
でも結婚し、子どもが産まれるとそうはいきません。

仕事と家庭(家事、育児)の両立が始まるからです。



結婚して最初のうちは、
家事も育児も完璧に!
っと、かなりのエネルギーを使っていました。
思い返してみると当時の私はかなりフラフラでしたね。


女性が、家庭をもって働く
ということを、本当の意味で理解していなかったからです。



実は私、
「ラクしていいんだ」
と気づくまでに、かなりの時間がかかりました。



今回監修させていただいた『Crarepo』の記事を読んでいて
「当時の私に読ませたい」
と思ってしまいました。

そして、女性が家庭をもって働くことを
改めて見つめなおすことが出来ました。




ぜひ、読んでくださいね!

『Crarepo』仕事と家庭を両立している兼業主婦の1日のスケジュールやメリット・デメリット 



中田馨の著書 『いっぺんに作る 赤ちゃんと大人のごはん』好評発売中!
podhaishin
離乳食インストラクタ協会HP
podhaishin
お仕事のご依頼はコチラから
podhaishin
離乳食インストラクター協会1・2級講座日程
毎回満員御礼!! podhaishin
ポッドキャスト配信スタート
podhaishin
ライン@
インスタグラム
フェイスブック
知りたいキーワードで検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中田 馨

スポンサードリンク