赤ちゃんからはじめる和食育☆離乳食インストラクター中田馨の“和の離乳食レシピ”blog

離乳食は、離乳食初期、離乳食中期、離乳食後期、離乳食完了期の4つの時期に分かれています。「離乳食はいつから?」「離乳食の進め方のルールは?」「離乳食を時短で作るには?」。カンタンだけど美味しく赤ちゃんが喜ぶ離乳食を保育士歴20年以上の離乳食インストラクター中田馨がお伝えします。離乳食インストラクター協会®と離乳食インストラクター協会ロゴマーク®は商標登録です

> ▼かおりのブログ

▼かおりのブログ

春休みはディズニーランドに

こんにちは😃
離乳食インストラクターの中田馨です!


今日は。
家族でディズニーランドに遊びに来ました!
 0D2C55AD-ABEE-450B-AA74-F15B2F0B7C8A
昨日は離乳食インストラクターのみんなとシー。
本日は 、家族でランド。

春休み、平日は仕事で全く子どもたちと遊べないので。
 今日が唯一の遊べる日。


春休みだからめっちゃ人が多いけど。
スプラッシュマウンテン2時間待ちだけど。
ディズニーランドの雰囲気を楽しみます!

 

2018年度 中田家庭保育所 卒園・修了式

こんにちは。
今日は保育士の中田馨です。


今日はね。
保育所の卒園、修了式でした

毎年恒例で、スライドショーをして
卒園修了証書を授与します
IMG_1063
毎年ギリギリに作るスライド。
ここ数年は、スライドを作っている時に十分に泣いて。
本番は泣かないようにしている私。

だけど今年はダメでしたね。
卒園する子どもを目の前にすると
涙があふれてきてしまいました。


私が泣くから、子どもはビックリ!!
ビックリして逃げて振り返るとママも泣いている。
ビックリ連続で「いやああああ!」となってしまいました


最後の最後にやってしまった。。。。(反省)
やっぱり本番に泣いてはいけません。
でも、本当に素敵な卒園式になりました。


卒園式の後は、
スタッフたちとその家族20名ほどでお疲れ様会。
今年度も、大きな事故、けがも全くなく。
安全に保育所を運営できたのは
7名の仲間のおかげ。
本当に彼女たちには感謝感謝です。

これからも、かおりと7人の愉快な仲間たちで
中田家庭保育所を運営します!


(追記)
お疲れ様会の最後
温かいお茶を頼んだら
小鉢にお茶が入ってやってきた。

バイトのお兄ちゃん。
違えちゃったみたい。
IMG_1064
ちょっと、おもろかった!


離乳食講座で、食べないことで悩んでいた赤ちゃんがパクパク食べて。ものすごく感動しました。

こんにちは!中田馨です。

先日、マンツーマンで離乳食講座をさせていただきました。
普段私の離乳食教室は
「赤ちゃんの試食はNG」とさせていただいております。

その理由は、

離乳食講座で食べたもので赤ちゃんが体調不良になってはいけないから

というものです。




今回も試食はNGでの講座だったのですが、出来上がった離乳食を食べてママさんが
「先生。お願い。コレ、どうしても子どもに食べさせたい」
と言われたんです。


お断りをしたのですが、ママさんがどうしてもというので今回はOKを出させていただきました。
というのも、1歳のお子さんが、

・形のある食材を食べない
・葉物を食べない
・そもそもの離乳食の量が少ない


ということで、ママさんの「食べるきっかけが欲しい」気持ちが伝わってきたからです。


メニューは、うちの離乳食教室の定番の
・みそ汁
・煮物
です。私もドキドキしながら一口目を見守りました。


赤ちゃんは、用心しながらスプーンに口をつけました。

・一口目
恐る恐るなめる。「ん?」という顔をする

・二口目
再び恐る恐るなめる。「はっ!!」という顔をする

・三口目
パクっと具材を食べる


四口目以降はもう、それはそれは。
器に食いついて離さないくらいの勢いで食べていました。


ママさん。
本当にうれしそうなお顔。
赤ちゃんも、ママが嬉しいから満面の笑みで手をたたく。


食べない子ではなかったんですね。
食べる子だったんです。



今回食べるようになった要素はいくつかあります。

・和の離乳食だったこと
・環境
・笑顔

食べない子も食べたくなる離乳食。
それが、私たち離乳食インストラクター協会の和の離乳食であり、離乳食に向かうこころえなのです。



本来はしていない、赤ちゃんの試食をすることによって
改めて、私が助けることができるママさんがいることを再認識しました。
一人でも多くのママさんの、ほんの少しのお手伝いと、ほんの少しのアドバイスで
ママさんの離乳食への気持ちの負担が少なくなるといいなと思っています。




離乳食の基礎が学べる離乳食インストラクター協会の講座

★離乳食インストラクター協会2級講座
≫詳細

★和の離乳食パクパクセミナー
≫詳細


かおりのいかなごのくぎ煮は美味しいからなああ。という言葉に操られる

こんにちは!中田馨です。

今夜は、瀬戸内の春の風物詩
いかなごのくぎ煮を作りました。



滋賀に住む姉が家に遊びに来ていて。突然
「かおりのいかなごのくぎ煮は美味しいからなああ」
と言ったんです。

「え?(私仕事だから)かわりに買ってきてくれたら夜に作るよ」
と言って、お金を渡しました。


姉は、五キロ買ってきてくれました
IMG_0950
1パック1キロ
それが5パック

IMG_0951

3回に分けて炊きました
IMG_0954
美味しい香りが、家じゅうに充満します

IMG_0952
出来上がったいかなご。
キラキラ照りがついて美味しそう!!


で、作っている途中に気づいたんですね。
「あれ?私姉にうまく乗せられた??」
姉の巧みな言葉で、いかなごを作った私でした・笑


でも、「あ~炊きたいな」と思っていても昼間仕事があるとなかなか買い物に行けないので
姉には感謝ですね。


たくさん作ったので、保育所の先生方にもおすそ分け!
IMG_0957

2019年中田馨の誕生日会は?

こんにちは!
離乳食インストラクターの中田馨です。

先日、私の誕生日がありました。
今年も誕生日前からお祝いをいただいていました。


離乳食インストラクターの恵美子さんと直子さんから
IMG_0845
お2人。
毎年してくださるんです。
IMG_0842
愛を感じます



IMG_0843
そして楽しそう!


この日私は生カキをいただきました
IMG_0841
生ガキは、赤ちゃんはNG
なんなら、小学生まではNGではないでしょうか。



保育所の先生からはお花とケーキだよ
IMG_0882
きれいなお花!


そして。
IMG_0886

娘特製プリン
これホンマに美味しかった!



幸せな一年の始まりですね


離乳食インストラクタ協会HP
podhaishin
お仕事のご依頼はコチラから
podhaishin
離乳食インストラクター協会1・2級講座日程
毎回満員御礼!! podhaishin
ポッドキャスト配信スタート
podhaishin
ライン@
インスタグラム
フェイスブック
知りたいキーワードで検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中田 馨

スポンサードリンク