赤ちゃんからはじめる和食育☆離乳食インストラクター中田馨の“和の離乳食レシピ”blog

離乳食は、離乳食初期、離乳食中期、離乳食後期、離乳食完了期の4つの時期に分かれています。「離乳食はいつから?」「離乳食の進め方のルールは?」「離乳食を時短で作るには?」。カンタンだけど美味しく赤ちゃんが喜ぶ離乳食を保育士歴20年以上の離乳食インストラクター中田馨がお伝えします。離乳食インストラクター協会®と離乳食インストラクター協会ロゴマーク®は商標登録です

> ┗極々、個人的

┗極々、個人的

阪神大震災から25年たちました【産経新聞 夕焼けエッセー】

阪神大震災から25年たちました。
あの時、私は、修学旅行でした。
阪神大震災は、直接は体験していないのですが。
あの時の恐怖を思い出すと、今も身体が震えます。



そんな思いが
10年前の産経新聞さんの「夕焼けエッセー」
に掲載されました。
父と共に。



今回。
父の文章を改めて打ち直していて。
父の、警察官としての強さ。
警察官の父の代わりに家族を守った母の強さ。
父母の夫婦の強さを感じられました。



そして、私のエッセーは。
震災特集の3選に選んでいただきました。

1164A440-49F2-4B6C-98A1-C214F3B9C32A



震災25年に改めて。
振り返ります。


★修学旅行


「西宮だったら、震災大変だったでしょう?」
震災から数年、初めて会う人はこの質問が多かった。ところが私の返事は
「いや、実はね・・・」。

当時、私は高校2年生。冬の修学旅行は信州。初めてのスキー。夕方、宿に入り1晩泊って明けた朝、食堂のテレビが目に飛び込んできた。
「またどっかで地震やって」
はじめの印象はそれだけだった。そして次の映像にビックリして、隣の友人の肩をたたいて言った。
「阪神高速ゆうてる。倒れてるで」
他のクラスメイトも気づいていたようでザワザワし始めた。
「あの看板、見たことある」「あのビル知ってる」
皆の表情が一気に曇った。

全員を集めて先生が言った。
「関西で大きな地震があったようです。心配です。ですがキミたちは一生に一度の修学旅行に来ています。楽しんでください」
私は先生の言葉に共感できなかった。
楽しめるわけがない。家族は無事なのか?もし家族が死んでいたら、東京にいる姉を頼らなければならない。そんなことを考えて初日のスキーは終わった。

公衆電話から何度電話しても家につながらない。ニュースが伝える死者はどんどん増えていく。皆、祈るようにテレビを観ていた。

夜、やっと友達のお父さんの携帯電話につながった。
「こちらは大丈夫。修学旅行を楽しんで」

後でわかったことだが、全校生徒の家族はみんな無事だった。



★湯豆腐

上下に激しく揺れる突然の衝撃に、私たちは慌てて布団を頭からかぶった。
「ラジオ、ラジオ」の妻の叫びにスイッチを入れたラジオは、「京都方面で地震がありました」と極めて平静なトーンだった。

横倒しになったタンスを乗り越え、自室から出てきた長女。大きな本棚と机の間から這い出してきた父。各部屋は家具が倒れ、ガラスは割れ、混然となっていた。

しかし幸いなことに全員、けがはなかった。

その後、ラジオからは阪神間の大きな被害が次々と伝えられ、鉄道もストップしている様子であった。私は家族に後片付けを頼み、職場に向かうことにした。

大きな事件や事故、災害が発生すれば、私は自宅にいないのが普通である。台風直撃の警報下であっても自宅を出発する。こんな時こそ頑張らなければならない。警察官を志した者の責任だ。

次女は会社の研修で東京に。三女は修学旅行で長野にいた。三女は旅館のテレビで、自宅近くの阪神高速道路が横倒しになっている惨状を見、自宅に電話が通じないことに恐怖を覚えた。家族の死を意識し、次女に養われて暮らす覚悟までしたという。

4日間の連続勤務を1日だけ解かれ帰宅した夕方、支給されたカセットコンロで、家族と共に味わった湯豆腐のうまかったこと。

今も忘れることのできない思い出である。



父は警察官
次女の姉は、自衛官。


2人は、震災後、家にも帰らず被災された方をサポートしていました。
きっと、私たち家族には言えない体験をしているのだと。
改めて、尊敬した2020年1月17日でした。

 

2020年1月2日に思うこと

おはようございます!離乳食インストラクターの中田馨です。

初夢は見ましたか?


わが家は、父が長男なので昔から親戚が集まる家です。
だからこそ、母は毎年おせちをたっぷりと作っていました。
10年ほど前からそのおせちづくりは私にバトンタッチ。

毎年おせちは、家族のサポートも受けつつ。
私が中心に作っていました。


今年はね、初の三姉妹で作りました。
切ってくれる人、昆布巻きを巻いてくれる人、ぶりを焼いてくれる人がいるだけで 
メッチャ余裕があってラクチンでした!


今回作るのはね。
IMG_3879
こんな感じ。
毎年、一緒なんだけどね。


わが家のおせちで、他のおせちとは違うのが「昆布巻き」
IMG_3882
さばを中心に、この材料を巻きます。
これは私の母がずっとずっと作り続けてきたんです。






今年は昆布が余ったので、
豚肉としょうがを巻いた昆布巻きもプラスで作りました。
IMG_3884


このエビの卵黄みそ焼きが美味しいんですよ!
IMG_3883
白みそと卵黄を混ぜた味噌をエビの背に塗りつけて焼くだけ!!
簡単ですよ。


IMG_3885
こうしてできたのが



ジャジャジャジャーン!
おせちです!
IMG_3886



お雑煮は、
お餅、厚揚げ、小芋、にんじん、大根、ほうれん草
IMG_3896
白みそで味付けです。




食事の後は、
近所の和菓子屋さんのじょうよう饅頭
IMG_3903
ねずみさんの焼き印がかわいいですね。




今年2020年は。
仕事はもちろんですが。
まずは基本になる家族のことを大切にしたいです。
お正月という行事からスタートして。
子どもたちに伝えたい日本の文化を
我が子に、これまで以上に丁寧に伝えたいなと。
思っています(#^.^#)


やっぱり、日本人に生まれてきたからこそ、大切だなあと思います。






中田家餅つき大会2019年

こんばんは!

離乳食インストラクターの中田馨です。
今日は、毎年恒例の
中田家、餅つき大会!


これもう、たぶん。
40年。。。。50年くらい続いているんです。
私の父の兄弟の家族とね。
父の弟、私の叔父が主催してくれてるのですが
ここ数年は、叔父の息子、つまり従兄弟が主となり開催してくれています。


本当にありがたい。


叔父の奥さんの従姉妹の子どもと旦那さんと子ども。
いわば、赤の他人の方々と(笑)
毎年1回お会いして
ワイワイガヤガヤ。
大はしゃぎしながらお餅をついています。


今回も20うす以上つき。
たくさんの小餅を作りました。

子どもたちも少し戦力になってきました。
IMG_3851


IMG_3865
とはいえ、
まだまだ遊ぶのが楽しいお年頃。


はとこたちと一緒に
ぎゃははは
楽しそうに遊んでいました。
ほんま、仲いい子らや。


いつも、準備してくれる
叔父や叔母、従姉妹夫婦に感謝。
お餅、おいしくいただきます。





今年の冬休は、9連休。2020年は、自分自身の働き方改革をしようと思っています。


こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。
今年の冬休は、9連休。
何だか幸せです。


今年はね。
念願の離乳食の本を出版でき。
私の長年の夢がかなった1年でありました。


また、
離乳食インストラクター協会が5周年を迎え
インストラクターが100名を超え。
当初の目標を達成しました。





それと同時に。
自分自身の働き方も見直さなければいけない。
と感じた1年でもありました。



私ね。
仕事が大好きなんです。
だから仕事のことになると、周りが見えなくなる。
でも、そうするとわが家はダメなんです。


私には、私を頼りにしている
息子、娘、母がいるんです。
シングルマザーですし
身体が一つしかないので
これまで、それでも頑張ってきましたが
無理ができないと感じるようになりました。


分かっていたのにね。
やっとです。
やっと『行動に移そう』と思ったのです。



なのでね。
2020年は、自分自身の働き方改革をしようと思っています。





今年はね。
今年自分が頑張ったご褒美で
有馬温泉に行ってきました。



いつも旅行に行くときも
パソコンを持っていっていた私ですが。
今回は、仕事を全くせず。
ぼおおおおーっと
温泉入って、

卓球して
IMG_3818

ゲームして、
また、温泉入って
料理食べて
IMG_3821

お酒飲んで
IMG_3822

デザート食べて
IMG_3823

またまた、温泉入って
のんびりしました。



頭を使わないことって大切。
この5年間。
走りに走ってきたから。
少しだけペースを落として
でも
伝えたいことは、変わらず大切にしながら。
進んでいきたいと思います。



2020年も
離乳食インストラクターの中田馨を
よろしくお願いいたします!



離乳食インストラクター協会の講座では
黄金色のかつお昆布だしで作った和の離乳食の作り方を教えます。

だしと素材だけで作る和の離乳食は
ほんまに、美味しいです。
それなのに、
切って煮るだけなので、めっちゃ簡単です。


講座を受けた方は、
和の離乳食に感動します。
『明日からの離乳食づくりが楽しみになりました!』と言われます。

赤ちゃんの時から、
本物のだしの味と
本物の食材の味を
食べることからスタートしましょう。


≫離乳食インストラクター協会HP
 








 

2019年クリスマスイブ

こんばんは!
離乳食インストラクターの中田馨です。


今日は、クリスマスイブですね。
今日はね。思いのほか仕事が早く終わり。
離乳食講座の帰りに買い物して早めのクリスマスパーティーをしました。


今年は、娘が
『ケーキ作る!』
と宣言。


スポンジからケーキを作りました。

このケーキ。
私 20%
息子 5%
娘 75%
IMG_3795
なかなか、個性的!
味は、うまうまでしたよ!




今日のディナーは。
子どもの食べたいものと
私ん食べたいもののオンパレード。
IMG_3794
ケンタッキーのチキン
手巻き寿司
牡蠣
しらこ
そして、久々の
スパークリングワイン!!


クリスマス感は、チキンのみ(笑)
後は酒飲みの、メニューですね。





今年も、クリスマス。
クリスマスが終わると、年末ですね。






中田馨の著書 『いっぺんに作る 赤ちゃんと大人のごはん』好評発売中!
podhaishin
離乳食インストラクタ協会HP
podhaishin
お仕事のご依頼はコチラから
podhaishin
離乳食インストラクター協会1・2級講座日程
毎回満員御礼!! podhaishin
ポッドキャスト配信スタート
podhaishin
ライン@
インスタグラム
フェイスブック
知りたいキーワードで検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中田 馨

スポンサードリンク