赤ちゃんからはじめる和食育☆離乳食インストラクター中田馨の“和の離乳食レシピ”blog

離乳食は、離乳食初期、離乳食中期、離乳食後期、離乳食完了期の4つの時期に分かれています。「離乳食はいつから?」「離乳食の進め方のルールは?」「離乳食を時短で作るには?」。カンタンだけど美味しく赤ちゃんが喜ぶ離乳食を保育士歴20年以上の離乳食インストラクター中田馨がお伝えします。離乳食インストラクター協会®と離乳食インストラクター協会ロゴマーク®は商標登録です

∟果物

赤ちゃん★イチゴはいつから食べられるの?

赤ちゃん★イチゴはいつから食べられるの?



こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。
イチゴの美味しい季節ですね。


先日、母の誕生日で。
姉が、イチゴを買ってきてくれました
IMG_9654
めったにお目見えしない
百貨店のイチゴです!!ひええええ!

「一人何個ずつ?」
と、家族の人数割していただきました。

ジューシーすぎる!!



ということで、今日の本題です。



赤ちゃんはいつからイチゴを食べられるの??



答えは、
【離乳食初期】


◆与えるときのポイント
◎滑らかなお野菜に慣れてからでOK
◎果汁として頻繁に飲ませなくてOK
◎与えるときは、「たま」に少量を心がける

◆与えるときの手順
1.鍋に30ml程度のお湯を沸かしイチゴ(10~15g)入れ煮る
2.裏ごし器で裏ごして、種を取り除く


イチゴのほんのり甘酸っぱい味を
親子で味わいましょうね!



離乳食インストラクター協会公式テキスト使用
和の離乳食パクパクセミナーを
全国の離乳食インストラクターが開催しています

和の離乳食パクパクセミナー詳細・お申し込み 

赤ちゃんはいつからみかんを食べられるの?

こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です!


今日のテーマは【みかん】です。
みかん

みかんの美味しい季節になってきました。
私は、子どものころ、手が黄色くなるくらいまでみかんを食べるみかん好き。
母が箱で買ってきてくれるみかんを
ほとんどたいらげていたのは私でした。


さて、赤ちゃんはいつからみかんが食べられるのでしょうか??


答えは、離乳食初期からです。


では、みかんを食べるときに気を付けることはあるでしょうか??

★野菜に慣れたころに食べ始める
★薄皮をむく
★最初は加熱すると安心
★たくさん食べない
★月齢に合わせて食べる形を変える



昔は、果汁から与えるというのが離乳食の定番でしたが、今はそうではありません。
甘みを覚えてしまうと、離乳食が進まなかったりする場合もありますので、まずは、離乳食が進んでから。極たまに、少量だけ与えることを基本に食べてくださいね!
また、果物は生でも赤ちゃんに与えられる食べ物ですが、加熱することでアレルギーを引き起こしにくいといわれていますので、最初は加熱すると安心です。


色々な食べ物を経験して、楽しく離乳食を進めてくださいね!



離乳食インストラクター中田馨のメルマガはこちら
≫離乳食インストラクター中田馨のインスタグラムはこちら


ライン@始めました!
友だち追加

離乳食インストラクタ協会HP
podhaishin
お仕事のご依頼はコチラから
podhaishin
離乳食インストラクター協会1・2級講座日程
毎回満員御礼!! podhaishin
ポッドキャスト配信スタート
podhaishin
ライン@
インスタグラム
フェイスブック
知りたいキーワードで検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中田 馨

スポンサードリンク